動画情報

【第1話から全話】仮面ライダー龍騎の動画配信状況!無料で視聴する方法まで

更新日:

仮面ライダー龍騎動画

こちらでは『仮面ライダー龍騎』の動画配信状況をまとめています。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

仮面ライダー剣を1話から無料で全話視聴できる動画配信サービスはいくつかありますが、『Amazonプライム』なら全話配信中&劇場版も見放題になっています!

Amazonプライムなら全話視聴できるだけでなく、劇場版やスピンオフも見れることができます。

Amazonが運営している動画配信サービスで、仮面ライダーシリーズ作品以外にもドラマや映画を30日間無料で視聴することが可能です。

違法サイトなどを使わなくても、仮面ライダー龍騎を無料で最後まで見ることができますよ。

1話から全話配信中!

『仮面ライダー龍騎』をAmazonプライムで見る

※劇場版・スピンオフ作品も配信中

『Amazonプライム』のおすすめポイント

  • 『仮面ライダーシリーズ』が劇場版・スピンオフまで見放題!
  • 30日間の無料体験を利用すればタダで見ることも!
  • ドラマや映画、キッズアニメなども充実のラインナップ!

仮面ライダー龍騎の動画配信状況や視聴方法

サービス名 龍騎 仮面ライダーシリーズ 月額料金 無料期間
auビデオパス 562円 30日間
東映特撮ファンクラブ 960円 なし
U-NEXT 1,999円 31日間
Hulu 933円 2週間
FOD 888円 1ヶ月間
Netflix 800円 1カ月間
Amazonプライム 500円 30日間

仮面ライダー龍騎の動画配信状況は上記のようになっております。
(2018年9月時点での情報になります。現在の配信状況は各サービスで確認をお願いします。)

今後の動画配信状況によって変わってきますが、現在の状況で仮面ライダー龍騎を視聴できる方法は、以下の3つの方法になります。

  • DVDをレンタルする
  • 動画配信サービスを利用する
  • ネットの違法アップロード動画を見る

ただ、当サイトでは違法サイトについてはおすすめしておりません。

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

そのため、現在の仮面ライダー龍騎の動画配信状況や画質、安全性から言っても『Amazonプライム』を利用するのが一番おすすめになります。

『Amazonプライム』のポイントを簡単に解説

amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの大きな特徴は、他の動画配信サービスと違い、ドラマや映画、アニメなどを見れるだけでなく、中には読み放題の漫画や雑誌の取扱いや音楽までで聞けることです。

  • 対象の映画・TV番組・アニメ見放題
  • お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
  • Prime Musicで100万曲以上聴き放題
  • Prime Readingで対象の本・漫画・雑誌読み放題

これらを追加料金なしで利用できるので、さすがAmazon!って感じですよね。

かれこれ3年以上Amazonプライムを利用していますが、不満を感じたことはありません。

仮面ライダー龍騎を視聴できる動画配信サービスは他にもあることはありますが、劇場版とスピンオフも見放題に含まれているのはAmazonプライムとHuluだけ。

ただ、Huluの無料期間が2週間に対し、Amazonプライムは30日間無料になります。

仮面ライダー龍騎を1話から全部見たい方、子供が見たがっているという方は、『Amazonプライム』を利用して安全に視聴して楽しんでください。

『仮面ライダー龍騎』を今すぐ視聴する

仮面ライダー龍騎のイントロダクション・詳細

仮面ライダー龍騎あらすじ

(C)石森プロ・東映

「戦わなければ生き残れない!」

ジャーナリストの卵・城戸真司は偶然手に入れたカードデッキにより、鏡の世界・ミラーワールドに取り込まれてしまう。

彼は人々をモンスターから守るため、ドラグレッダーと契約。

仮面ライダー龍騎となる。

だが、仮面ライダーになった者に課せられたのは、モンスターとの戦いだけではなく、仮面ライダー同士が最後のひとりになるまで戦うことであった。

キャスト

城戸真司/仮面ライダー龍騎:須賀貴匡
秋山蓮/仮面ライダーナイト:松田悟志 
北岡秀一/仮面ライダーゾルダ:涼平(現:小田井涼平)
浅倉威/仮面ライダー王蛇:萩野崇
須藤雅史/仮面ライダーシザース:木村剛
手塚海之/仮面ライダーライア:高野八誠
芝浦淳/仮面ライダーガイ:一條俊
東條悟/仮面ライダータイガ:高槻純
佐野満/仮面ライダーインペラー:日向崇
仲村創/オルタナティブ:水野純一
香川英行/オルタナティブ・ゼロ:神保悟志
神崎優衣:杉山彩乃
神崎士郎:菊地謙三郎
大久保大介:津田寛治
桃井令子:久遠さやか

仮面ライダー龍騎を見た視聴者からの感想・レビュー

感想

平成ライダーの原点になったなと思う作品

20代女性:新山

私が初めて最初から最後までみたライダー作品が龍騎でした。
龍騎の一番の見どころはやっぱり13人のライダーによるライダーバトルだなと思いました。
それまでライダー(ヒーロー)同士は協力しあうもの、必ず味方であると思っていたのですが龍騎によりその固定観念はなくなり、それがきっかけでその後の平成ライダーでもライダー同士の戦いが繰り広げられるようになったのかなぁと思っています。
そして、最初はいがみ合っていたライダー同士も終盤になるとお互いに友情や仲間意識が芽生え最終的には協力関係になったりと登場人物同士の心境の変化が辛くもとてもよくわかる作品で今でも龍騎の最終回を見ると泣いてしまうぐらいには龍騎はとても好きな作品です。

男性感想

衝撃の仮面ライダーバトルロワイヤル

30代男性:Shinya0544

平成仮面ライダー第3作で、ある意味ここから平成ライダーの大きな転換期となったと言える作品と言えます。
前作のアギトまでから一転、ライダーのマスクは鉄仮面のような形で力を発動させる際にはカードを使用し、しかも13人存在するライダーが生き残りをかけて互いに殺しあうというあまりにも衝撃的な内容で、当時こそファンの拒否反応は凄まじかったのですが、ライダーに変身するキャラクターの強烈な個性や、ハードで見ごたえのあるストーリーは見事にマッチし、現在では名作として語られているから時の流れを感じます。

ライダー同士のバトルロイヤル

40代男性:マー伯爵138世

平成仮面ライダーシリーズの一つだが、今まではライダーが怪人などを倒すパターンであったのに対し、今作はライダー同士が戦う異色の作品である。そしてライダーが最後の一人になるまで戦うのだが、戦う目的はそのライダーによってさまざまであった。そんな中、主人公の城戸真司は何のために戦うのかという問いを持ちながら戦うのであった。結末は衝撃的で、しかしその後にまたどんでん返しがあり、ホッとしたような思いと拍子抜けしたような思いがした終わり方であった。

感想

ある意味「真の最初の平成ライダー」

40代男性:とくひさお

龍騎と言えば、これまでにない斬新な設定で、まさにある意味では「真の最初の平成ライダー」ではないかと。13人もの個性豊かな仮面ライダーや、現実世界ではなく、ミラーワールドという鏡の世界の中でしか戦えないという条件など、昭和では見られない数々の要素が楽しめます。ストーリーの方は、少し暗めで、最後はまさかの展開を迎えるところもお薦めです。

▶口コミをもっと見る

正義も悪もその人次第

20代女性:まっさん

これほど考えさせられる特撮はそうないと思う。
願いを叶えるため殺し合いをしなければならない13人の仮面ライダー達。それぞれの価値観で動いておりそれぞれに物語がある。

悪人に見える人物も自分の信念に従って進むダークヒーローのようなライダーだったり悪さをして最後に悲惨な結末を迎えて同情してしまうライダーもいる。

それぞれが魅力的な登場人物であるがストーリーはライダー同士の戦いであるため脱落するのは仕方がないかもしれないが涙を誘う。

主人公も後半になるにつれ苦悩した表情ばかりになるので余計憂鬱な気分になるが、過去の仮面ライダーシリーズではっきりしていた正義と悪は必ずしも単純なものではないと深く考えさせれる作品である。

シリアスなストーリーだが主人公がお馬鹿な熱血漢なのでその行動に笑わされてしまいギャグも多い。特にクールなライバルとのお笑いのようなやり取りは必見。

イケメンライダーが続々登場

30代女性:あき

仮面ライダー龍騎は序盤はモンスターを倒していくライダーといった展開ですが、だんだんライダー同士で戦う場面が増えていきます。それぞれのライダーたちがとても個性的で掛け合いなどもおもしろいです。特に主人公の真司と蓮、また敵のライダーである北岡と浅倉のやりとりが見所だと思います。最後の一人になるまで戦いが終わらないという葛藤も魅力的でした。

正義の逆は別の正義!?一味違う仮面ライダー

30代男性:LipToon

仮面ライダー龍騎以前の仮面ライダー作品は、作品毎による多少の差はありましたが、大まかには正義と悪がはっきりと区別されており、最終的には正義が勝つという流れでした。しかし、仮面ライダー龍騎にはその区別が無く、主人公は存在しますが必ずしも正義ではなく、登場する全てのライダーがそれぞれの正義を持っています。回を追うごとに正義の価値観が目まぐるしく変動していき、最終的には誰が正しいのかの判断は視聴者に委ねられます。昔ながらのヒーロー物のお約束を打ち砕いた作品であり、その作風や結末について賛否両論が激しい作品でもあります。

どんだけライダーが出てくるんだよとツッコミたくなる

40代男性:taka

仮面ライダー龍騎の最大の特徴は、出演ライダーの多さと思います。劇場版でもない限り、ここまでの数のライダーが出てくることは、なかったのではないでしょうか。
しかも、そのライダー達が自分の目的のためにライダー同士で殺し合うという、今までにない斬新なストーリーです。
最終回がTV版と劇場版で違ったり、様々な今後のライダーの制作を占う土台となったのかもしれません。
視聴者側としては、「こう展開したらどういう結末になるんだろう」と、夢をかなえてくれたようで、良い思いをさせていただきました。

スタイリッシュな仮面ライダーが命がけで戦う

40代男性:戦わないで生き残りたい

見どころはいろいろありますが、なんといっても世界観。鏡の向こうにもうひとつの世界があり、そこでは何もかもが自由という、比較的日常の延長にありそうな設定です。
そして、いい人も悪いこと考えてる人も、犯罪者でさえも仮面ライダーになれるというところでしょう。その犯罪者仮面ライダーが強くてかっこいいところです。
最高に盛り上がるところは、フォームチェンジするシーンですね。龍騎サバイブは変身するシーンを時間をかけて演出しています。どのライダーもそうですが、普通のライダーからより強いライダーへ変身を遂げるシーンは、胸が熱くなります。

仮面ライダー龍騎の映画・スピンオフの動画配信状況

下記に、仮面ライダー龍騎の映画・スピンオフ作品の配信状況をまとめています。

仮面ライダー龍騎の映画やスピンオフ作品の動画は、下記の動画配信サービスで見放題配信がされているので、無料期間中に見終わらせれば、すべて無料で観ることができますよ。

おすすめは無料期間が30日間の『Amazonプライム』ですね。

劇場版『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL

「仮面ライダー龍騎」のもう一つの最終回。

13人のライダーのうち生き残った者はわずか数人。神崎士郎は闘いのタイムリミットを「あと3日」と宣言する。最後のライダーバトルに参戦する女性仮面ライダー・ファム=霧島美穂と正体不明の仮面ライダー・リュウガがミラーワールドの“最後の扉”を開いた。ありとあらゆる鏡から、モンスターが現実世界に溢れ出してくる。現実世界が壊滅に向かう中で、モンスターに、そしてリュウガに立ち向かう龍騎、ナイト、ファムたち。生き残れるのは、ただ一人。龍騎のそして現実世界の運命や如何に?

動画配信サービス
auビデオパス 東映特撮ファンクラブ u-next hulu
FOD Netflix Amazonプライムビデオ  

-動画情報
-

Copyright© HEROmedia|仮面ライダー×特撮ヒーローのネタバレ&動画情報 , 2019 All Rights Reserved.