ネタバレ

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第32話】見逃し動画を無料視聴する方法!

更新日:

騎士竜戦隊リュウソウジャー見逃し動画

2019年10月27日放送の騎士竜戦隊リュウソウジャー第32話『憎悪の雨が止む時』を見逃してしまった…。という方に、無料で動画を視聴できる方法を紹介します。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

騎士竜戦隊リュウソウジャーは現在、『auビデオパス』で見逃し動画を配信中です!

auビデオパスはauが運営している動画配信サービスで、放送中のリュウソウジャーを初回30日間無料で利用できるようになっています。

違法サイトなどを使わなくても、第32話(最新話)を安心して見ることができますよ。

最新話を今すぐ見る!

『リュウソウジャー』をauビデオパスで無料視聴

※無料期間中の解約で料金がかかりません

『auビデオパス』のおすすめポイント

  • 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の最新話を見れるのはauビデオパス!
  • 過去の特撮ヒーロー作品や仮面ライダー作品、その他のアニメやドラマなど約10,000作品以上を配信中!見放題作品も!
  • オフライン視聴可!映画の割引特典まで

騎士竜戦隊リュウソウジャー第32話の動画を無料視聴する流れ

騎士竜戦隊リュウソウジャー第32話の動画を無料で視聴するまでの大きな流れは以下の通りです。

step
1
auビデオパスにお試し登録をする

auビデオパスのサイトに入ったら「今すぐ無料で試してみる」というボタンをクリックして、ガイダンス通りに進めて行けば簡単に登録が可能です。

step
2
放送後、1週間以内に最新話を視聴する

騎士竜戦隊リュウソウジャの見逃し配信は最新話だけ!

放送期間中は、1話から全話配信している動画配信サービスもないので、第32話を見逃してしまった場合は、1週間以内に視聴するようにしましょう。

(次回放送の2019年11月3日の朝まで)

step
3
登録後、30日以内に解約すること

auビデオパスが無料なのは、登録から30日以内です。

それを過ぎると2ヶ月目以降は月額562円(税抜)の料金が発生してしまうので、無料で見逃がした最新話だけを見たいなら、30日以内の解約を忘れないでください。

以上が、騎士竜戦隊リュウソウジャーを無料で視聴するための流れになります。

最新話の見逃し配信は1週間なので、次回の放送までに第32話を視聴しておきましょう。

『リュウソウジャー』を最新話を今すぐ視聴する!

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第32話】のあらすじ・詳細

第32話『憎悪の雨が止む時』あらすじ

ナダ(長田成哉)は、ガイソーグの鎧に完全に取り込まれてはいなかった。ナダの「すまない」という言葉を聞いたトワ(小原唯和)は、このままガイソーグに飲み込まれるくらいなら死を選ぶのではないかと心配していた。コウ(一ノ瀬颯)たちは、ナダを救う方法を考える。そんな中、突然、七色の雨が降る。ジャックオーランタンマイナソーが降らせる七色の雨に打たれた人々は、憎しみに支配され、争い始めてしまうのだ。リュウソウジャーは、マイナソーに応戦。そこにガイソーグが現れ…。

『出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ryusoul/next/

キャスト

一ノ瀬颯、綱啓永、尾碕真花
小原唯和、岸田タツヤ、兵頭功海
金城茉奈、吹越満

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第32話】のネタバレ

以下、ネタバレになります!

見逃したけど内容を知っておきたいと言う方はご覧ください。

 

ナダ解放への道

トワ(小原唯和)の言葉に希望を見出し、ナダ(長田成哉)を救う方法を考えるコウ(一ノ瀬颯)達だったが、良い考えは浮かばない。

アスナ(尾碕真花)が、傍に転がっていたピーたんに相談すると、ガイソーグについて何やら知っていそうな反応が返ってくる。

だが、そこへ突然、鋭い声が飛んできた。

「騙されるな!勿体ぶってるだけだ!」

カーテンの隙間から、ティラミーゴが顔を出していた。

「封印されるのが嫌で、コソコソ隠れてただけだから、フンッ!」

「コソコソって何だよ!?」

ピーたんと言い争う中で、ティラミーゴは言う。

「俺の方が知ってる、ガイソーグのこと」

しかし、微かな期待と共に「何を知ってる?」と訊くメルト(綱啓永)に、ティラミーゴは少し言いよどんでから答えるのだった。

「とても・・・・・・堅い」

メルトはガックリとなり

「誰でも知ってる。鎧を纏ってるんだから当たり前だ」

と応じたものの、それによって「鎧だけを斬れば、ナダを救えるかも」との考えが浮かぶのだった。

トワ(小原唯和)はナダの後悔に想いを馳せ、バンバ(岸田タツヤ)は村に居た頃のナダのことを思い出していた。

ナダは昔、村での自分に見切りをつけて、バンバ達の元から逃げるように村を出て行ったのだ。

「また逃げるのか?」

そんなバンバの呟きに呼応するかのように、ナダは自分の首にガイソーケンを当てようとしていた。

しかし、その後ろ向きな心は、逆に鎧に支配されてしまうのだった。

ナダを探すコウ達の元にトワとバンバが合流し、メルトの考えを明かしたところに、カナロ(兵頭功海)から通信が入る。

急ぎ龍井家に戻ると、そこではオト(田牧そら)が「憎い~っ!!」と暴れていた。

必死に止めるカナロを振り切り、オトはメルトを罵倒する。

ショックで固まるメルトと、慰めるように肩に手を置く男性陣を後目に、アスナが進み出てオトを肩に担ぎあげる。

事情を問いただすアスナに、ピーたんが

「外に行ったら・・・・・・・七色の雨が降り出した」

と答えたところに、ティラミーゴが

「大変ティラ~!雨に打たれた人達が、突然ケンカをし出したティラ~」

と駆けこんで来た。

街ではクレオンとジャックオーランタンマイナソーがキャンディーを撒いており、それが七色の雨となって、当たった人の憎しみを引き出していた。

その憎しみは吸い上げられて上空で黒雲を作り、その黒雲から雨が降ると、人間は一人残らず憎しみ合って滅亡するのだ。

それを阻止するべくリュウソウジャーはマイナソーと戦い始めたが、そこへガイソーグが姿を現すのだった。

怨念消滅

ガイソーグとリュウソウジャーが戦い始めると、それを良いことに、ガチレウス、クレオン、マイナソーは逃走してしまった。

ガイソーグに完全に支配されてしまったナダは、コウの呼びかけに全く反応しない。

やるしかない、と心を決めるバンバ達の後ろから、ドッシンソウルで強竜装したトワが飛び出し、ガイソーグを殴り始める。

ドッシンソウルでダメージを受けるのは鎧ではなく中のナダばかりだと仲間達は止めるが、「この鎧は強いものを求める」とのナダの言葉を思い出したトワは、ナダが弱まれば鎧の方から離れていくと考えたのだ。

それを受けて、「怨念をナダから切り離せれば」と考えたコウは、ガイソーグの怨念に向かって「俺に来い」と誘いをかけ、メルトはその怨念のエネルギーをマイナソーに吸わせることを思いつく。

メルトがティラミーゴにマイナソーを探してもらおうと名を呼ぶと、上空から声が降って来た。

「ティラミーゴではない!皆、目を開き、空を見よ。鳥か?飛行機か?いや、プティラミーゴだ!」

オトを介抱していたティラミーゴがマイナソーを捜しに出ようとした時、ピーたんが「ちょっ、待てよ。空、飛んでみる?」と声を掛けて合体したのだ。

メルトがプティラミーゴにマイナソー捜しを頼むと、「もう捜してる」と言いながら、彼らは捜索を続けに飛び去った。

ガイソーグの怨念は、コウに憑りつこうと飛んでくる。

それを仲間達が次々と打ち払う中で、バンバはナダに「逃げるな!戦え!」と熱く叫び続けた。

怨念を押し返そうと堪えるバンバの背を、仲間達が支える。

そんな中で、鎧に身体をほぼ覆われながらも立ち上がったコウがバンバの背中に触れると、鎧の中に記憶されていたナダの記憶や想いが、皆にも伝わった。

コウは、ナダに語り掛ける。

「ソウルは一つだ。お前もリュウソウジャーだ」

その言葉がナダの心に沁み入り、ナダは正気を取り戻し、鎧から解放された。

そこへちょうど、プティラミーゴが巨大化したマイナソーを誘い出して来た。

その攻撃を上手くコウの纏う鎧にヒットさせ、コウも鎧から解放される。

ティラミーゴに促されるままにコウがパキガルーを呼ぶと、ティラミーゴ、プテラ―ドンと合体してキシリュウオージェットの姿となった。

そしてコウは、キシリュウオージェットで逃げたマイナソーを雲の上まで追って行き、これを撃破したのだった。

平穏が戻り、正気に戻って目を覚ましたオトに、カナロは大喜びした。

憎しみを吸われた街の人達は、優しくなり過ぎて尚久(吹越満)とうい(金城茉奈)を困惑させる。

そしてナダは、ガイソーグの鎧を自由に操れるようになったところを見せて笑いを取ると、自分をドッシンソウルでドカドカとどつきまくったトワを小突いたり絞めたりして、じゃれるように細やかな仕返しをするのだった。

 

>>>『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第33話に続く

▶視聴者が考えた見どころ、楽しみにしてることを見る

視聴者が考える見どころ、楽しみにしてること

ナダ退場か否か?

40代男性:ガルダン

次回は「憎悪の雨が止む」が意味するところ、ナダはこのまま倒されて退場か、味方になるのか?どちらにしろ恨み辛みにまみれたガイソーグは居なくなると思いますが、自分としては後者を望みます。もちろん仲良く一緒にいることは厳しいでしょうから距離は取るでしょうが…単純に味方になった暗黒騎士っていう設定に燃えるだけなんですが、いろいろと危ういところのあるコウを兄貴ポジションで見守るキャラクターも必要かなと感じます。マスターレッドは故人ですし、セトーは掴み所がなく、知識はあっても諭したり導いたりといったキャラクターではないと思うんです。ナダがどうなるか?次回の楽しみと興味はそこに尽きますね。

ナダの結末

20代女性:シン

今回ナダがトワにすまないといっていた顔がとにかく切なくて、次回それをみんなで倒してしまうのかというのが本当に気になります。予告では、一瞬コウがガイソーグの鎧を着ていたように見えたので、それの経緯も気になります。どうやってナダを救おうとするのか。助け出す方法はあるのか。ガイソーグの鎧は壊せるのか。全てはコウの信じる気持ちにかかっているような気がしてなりません。また、次回はハロウィンに関わるマイナソーみたいなので、どんな攻撃をしかけてくるのか楽しみにしています。

感想

ガイソーグ=ナダとの因縁への決着編!

20代男性:当白

ついにガイソーグとの因縁の決着戦が、次回繰り広げられる。
ガイソーグの闇の呪縛に蝕まれるナダ。そしてそれを止める為にリュウソウジャーが立ち向かう!
ナダの闇は深く、もう取返しのつかない所まで来ているように見えるが、それでもコウたちは立ち上がりナダの説得を続ける。
視聴者としては「ナダが今後どうなるのか」が非常に気になる所だ。
これで離脱してしまうのか、それともここにきて新たな戦士としてリュウソウジャーへと参入するのか。
はたまた、このまま敵として残り続けるのか。
少なくとも重要なターニングポイントとなるのは間違いないだろう。

感想

ナダ解放は叶うのか

40代女性:朱猫

第32話は、ガイソーグの鎧の解呪が叶うかどうかが見どころです。
この手の呪いは、解く方法が何かしらありそうな気がします。
倒した者に鎧が憑りつくわけではないので、最悪の場合は倒してしまうって方法もなくはありませんが、出来ればそれは避けて欲しいと思っています。
鎧だけを破壊するとか、呪いを解くとかして、ナダが解放される結果となることを楽しみにしています。
そしてもう一つの見どころは、新たな合体です。
予告映像を見る限り、プテラ―ドンとティラミーゴが合体してたようでした。
両手の先に何かついてるのが気になります。
それが何なのかも楽しみです。

感想

ナダを救えるか?

20代女性:まる

まだカイソーグに完全に心を取り込まれたわけではないことがわかったリュウソウジャー。次回、バンバ達も力を合わせてナダを救おうとなにかを仕掛けているようでしたが、一体どうやってナダを救うのか。気になるところです。コウも中々の深い傷を負ったので、その状態でガイソーグであるナダと交戦したら、絶対背中痛いだろうなぁ〜〜戦うのきついだろうなぁ〜って、完全に自分に置き換えて考えてしまった(笑)マジレンジャーのウルザードのように、仲間になれないのかなぁ?って考えてる方も多いかと思いますが、わたしもそうであってほしいと強く願ってます(笑)

ナダは仲間になれるか

30代女性:@maru

リュウソウジャー前から続いていた「ガイゾーグ」エピソードにやっと区切りがつきそうです。
次回はナダとリュウソウジャーのバトル展開だけっぽいですが、個人的にはナダがガイゾーグの呪いに打ち勝ってガイゾーグの鎧に変身?してリュウソウジャーと共に戦うか、サポートとして出てしてほしいところですが、流れ的にはコウと一騎討ちの末に倒される可能性が高いのかも...。どちらにしても最後まで生きていてほしい、そしてナダの関西弁が聞きたい!

ナダを助け出せるのか?

30代女性:ぱんだ号

次回こそはナダとガイソーグの戦いに決着がつきそうです。ここまでの話でコウよりもトワがナダを心配しているのが印象的です。バンバとナダの間に入っているトワがどのように動くのかが気になります。また、バンバもナダを本気で倒そうとしているのか、本当は救いたいという気持ちもあって、その気持ちが表に現れてくれるのか、バンバとナダの関係も変化があるのかが見どころになるのではないかと思います。マイナソーが、ジャックオーランタンマイナソーということで、ハロウィンの話題もありそうです。最後は皆でハロウィンの仮装やお菓子を食べて平和に終わってくれたらいいなと思います。

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第32話】の感想

み騎士になってもナダはナダ

30代女性:えり

仲間の手助けや思いを受け取って、自分の心の弱さを打ち破り新たな力を手に入れるという、ヒーローもの王道展開でとても引き込まれてしまいました。解決方法が、敵のおかげというのが予想外の展開で良かったです。まったく笑うことなく「お前らが嫌いだ」と言い切ったナダが、彼らの関係をよく表していてとても面白く感じました。ラストシーンで鎧を完全に自分のものにしたナダが剣を孫の手代わりにしていたのに驚くと同時に、全く変わらないナダの姿に笑ってしまいました。

女性感想

ついにナダが、、

20代女性:みつる

まず、未だにクレオンが見慣れません。
エリンギにしか見えません。
そして今回のリュウソウジャーはコウとナダ、そしてみんなの熱い絆が垣間見れたんじゃないかなと思います。
ナダをみんながどうにかして助けてあげたい。ガイゾーグに蝕まれてしまう。そしてコウがガイゾーグに蝕まれていくのをバンバが必死に止めてくれて、みんなも一生懸命たたかってなんとか阻止できた姿をみてなぜかわたしも涙がほろりとでました。
ナダも本当は辛かったはず。だけどガイゾーグが暴れているからナダ自身もしんどかったんだろうなと思いました。

感想

ナダは仲間

40代男性:とりみやま

ガイソーグに飲み込まれたナダを救う話でしたが、トワの作戦が非常に危ないと感じました。ドッシンソウルでガイソーグの中のナダを弱らせてガイソーグを他の人に乗り移らせようとするとは…。そこでコウにガイソーグの魔の手が、実際もしコウがガイソーグに飲み込まれたら、力が暴走するのでしょうか?少しどうなるか見てみたい気もしました。結局、皆の力でナダはガイソーグの力に打ち勝ちましたが、今後ガイソーグの力をどのように使いこなすのか楽しみです。

メルトの傷心

30代女性:remon

憎しみを増幅させるマイナソーの力によって、怒りまくっているオトちゃんがかわいかった。そしてメルトの心を粉々にしてしまいそうな程のあの暴言!一人で大爆笑しました。オトちゃんはリュウソウジャーではないけど、中々重要ポジションで面白い発言が多いので出演しているときは楽しみです。ただ、今回の盛り上がりはそこではなくてガイソーグに取り込まれているであろうナダとリュウソウジャーの対決でした。どんなことがあっても信じ続けるコウの気持ちとそのまっすぐな気持ちに打たれたメンバーがナダを助けたいと願い力を合わせ、かつて親交のあったバンバからの熱い言葉。オトちゃんとメルトの面白い場面の後だったからこそ、この場面が引き立ってすごく感動しました。自分がガイソーグの呪いを引き受けると迷わずに決心したコウも絶対にコウをガイソーグから守るという仲間の絆も強く感じられました。最近は、カナロがメンバーの1人になってしまっていて残念なところもありますが、最後のオトちゃんを心配するドアップカナロで良しとしました。

▶騎士竜戦隊リュウソウジャー第32話の感想をもっと見る

感想

ティラミーゴがツボ突きまくり

40代女性:朱猫

冒頭、久々にヤキモチを焼いて、拗ねてやさぐれたようなティラミーゴが登場しました。
ディメボルケーノに嫉妬した時はメルトの足をかじりましたが、今度はカーテンを使ったアクションでした。
カーテンの影から半身を見せたり、怒ったように閉めたり、また開けて半身見せになったりしているティラミーゴがツボでした。
また無駄に対抗意識を燃やして、「俺の方が知ってる、ガイソーグのこと」と主張したものの、メルトに問い返されて「とても・・・・・・堅い」と思いっきりスベってました。
でも、今回はそれでメルトが策を思いついたので、前回と違って役には立ってます。
そして、面倒見の良さと言うかマメさは、相変わらずでした。
眠るオトの掛布を直し、マイナソーを探しに自主出動です。
オトの為だからか、ピーたんも協力的でした。
メルトに協力を求められた時には既に上空に居て、言われなくてもマイナソーを探していました。
そのフォルムは笑えましたし、名乗りにも即座にメルトから「どうでもいい」とか言われるなど、今回はメルトとの漫才のようなやり取りがツボに入りました。

感想

リュウソウジャーたちが遂にガイソーグの怨念を解き放つ!

20代男性:トンディー

今回の騎士竜戦隊リュウソウジャーでは、遂にリュウソウジャーたちがガイソーグの怨念を解き放ちます。前回の話では、完全にガイソーグの呪いに取り込まれていなかったナダですが、再びガイソーグに取り込まれてしまい、リュウソウジャーたちを攻撃します。リュウソウジャーのトワはナダが自分の選択を後悔していると知り、トッシンソウルを使いガイソーグを攻撃します。弱ったガイソーグはリュウソウジャーのコウに体を乗り換えようとし、他のリュウソウジャーたちはガイソーグの鎧にコウが取り込まれないように応戦します。コウを守る最中にバンバがナダに対して、「お前はこのまま逃げていいのか!」と呼びかけたことで、ナダが目覚めます。ガイソーグの怨念に打ち勝ったコウは、ナダもリュウソウジャーの一員であると認めます。そうしてナダは自由自在にガイソーグを操れるようになりました。今回はナダに呼びかけて、ナダが逃げずに立ち向かう覚悟を決めたシーンが一番の感動シーンだと感じました。

感想

ナダとの絆

30代女性:きゃべつ

ガイソーグに取り込まれたナダを救うため、皆の絆がグッと強くなり、更にリュウソウジャーとしても強くなった気がする。正気に戻りつつあるナダを必死に助けようとする姿に胸が熱くなりました。また新たなロボが出てきて、新たな形態も登場したけど、何ともカッコイイ声に姿に、子供達とも大興奮で見ました。完全にガイソーグに取り込まれる前に皆でナダを救い出したけど、これからナダがどうやってリュウソウジャーの一員になっていくのか楽しみです。

ガイソーグからの解放

30代女性:あかり

ガイソーグの話がどんどん進んできましたが、ガイソーグについてはリュソウジャーが始まる前のスペシャル番組でもヒントがありました。強い憎悪の気持ちで動く鎧。鎧から中の人を剥がしてしまえば助かるということを見つけたコウ達ですが、まさかあんなに笑顔でガイソーグを受け入れて、なんて主人公なんだと思いました。これがコウがレッドである理由だなと思います。全てのものを受け入れて信じて許そうとする優しいコウがカッコイイです。コウが子どもの時のままだったら、ガイソーグに簡単に取り込まれていたと思います。リュウソウジャーの皆がいたからコウもナダもガイソーグから助かったんだと思いました。

-ネタバレ
-

Copyright© HEROmedia|仮面ライダー×特撮ヒーローのネタバレ&動画情報 , 2019 All Rights Reserved.