特撮

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第36話】見逃し動画を無料視聴する方法!

更新日:

騎士竜戦隊リュウソウジャー見逃し動画

2019年12月1日放送の騎士竜戦隊リュウソウジャー第36話『超速のボディガード』を見逃してしまった…。という方に、無料で動画を視聴できる方法を紹介します。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

騎士竜戦隊リュウソウジャーは現在、『auビデオパス』で見逃し動画を配信中です!

auビデオパスはauが運営している動画配信サービスで、放送中のリュウソウジャーを初回30日間無料で利用できるようになっています。

違法サイトなどを使わなくても、第36話(最新話)を安心して見ることができますよ。

最新話を今すぐ見る!

『リュウソウジャー』をauビデオパスで無料視聴

※無料期間中の解約で料金がかかりません

『auビデオパス』のおすすめポイント

  • 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の最新話を見れるのはauビデオパス!
  • 過去の特撮ヒーロー作品や仮面ライダー作品、その他のアニメやドラマなど約10,000作品以上を配信中!見放題作品も!
  • オフライン視聴可!映画の割引特典まで

騎士竜戦隊リュウソウジャー第36話の動画を無料視聴する流れ

騎士竜戦隊リュウソウジャー第36話の動画を無料で視聴するまでの大きな流れは以下の通りです。

step
1
auビデオパスにお試し登録をする

auビデオパスのサイトに入ったら「今すぐ無料で試してみる」というボタンをクリックして、ガイダンス通りに進めて行けば簡単に登録が可能です。

step
2
放送後、1週間以内に最新話を視聴する

騎士竜戦隊リュウソウジャの見逃し配信は最新話だけ!

放送期間中は、1話から全話配信している動画配信サービスもないので、第36話を見逃してしまった場合は、1週間以内に視聴するようにしましょう。

(次回放送の2019年12月8日の朝まで)

step
3
登録後、30日以内に解約すること

auビデオパスが無料なのは、登録から30日以内です。

それを過ぎると2ヶ月目以降は月額562円(税抜)の料金が発生してしまうので、無料で見逃がした最新話だけを見たいなら、30日以内の解約を忘れないでください。

以上が、騎士竜戦隊リュウソウジャーを無料で視聴するための流れになります。

最新話の見逃し配信は1週間なので、次回の放送までに第36話を視聴しておきましょう。

『リュウソウジャー』を最新話を今すぐ視聴する!

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第36話】のあらすじ・詳細

第36話『超速のボディガード』あらすじ

動きが速いシルフマイナソーが出現。リュウソウジャーが応戦するが、なぜかトワ(小原唯和)が来ない。カナロ(兵頭功海)によると、トワは女性とデートしていたらしい。コウ(一ノ瀬颯)は、トワが理由もなく使命を投げ出すはずがないと、トワを探し事情を聞く。トワは、沙希という女性から「1日だけボディガードになってほしい」と頼まれたというのだ。そんな中、ワイズルーが出現。トワも駆けつけようとするが、沙希の悲鳴が聞こえ…

『出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ryusoul/next/

キャスト

一ノ瀬颯、綱啓永、尾碕真花
小原唯和、岸田タツヤ、兵頭功海
金城茉奈、吹越満

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第36話】のネタバレ

以下、ネタバレになります!

見逃したけど内容を知っておきたいと言う方はご覧ください。

 

現れないトワ

コウ(一ノ瀬颯)、アスナ(尾碕真花)、バンバ(岸田タツヤ)は、メルト(綱啓永)の監督の元、特訓をしていた。

一方、急いで特訓の場へと走るカナロ(兵頭功海)は、寒空の下で両手にソフトクリームを持った女性・沙希(小牧那凪)とすれ違い、ビリッと運命を感じる。

バランスを崩した沙希の手から宙に舞ったソフトクリームを見事にスライディングキャッチしたカナロは、そのまま婚活モードに入る。

しかし、沙希からは「彼のソフトクリーム、守ってくれてありがとう」とあっさりフラれてしまった。

そのまま沙希の後姿を見送っていると、何と、沙希がソフトクリームを渡した相手はトワ(小原唯和)だった。

カナロの困惑を他所に、2人は楽しそうにソフトクリームを食べるのだった。

街にマイナソーが現われ、戦いが始まっても、トワは姿を見せなかった。

シルフマイナソーは高速の動きで、リュウソウジャー達を翻弄する。

トワが来なかった理由をカナロから聞かされて、メルトは憤った。

尚久(吹越満)が

「お父さんも、戦いよりデート選んじゃうかもね。ちょっとくらい良いんじゃない?」

と言い、カナロはそれに同意するようにコクコクと頷くが、メルトは更にヒートアップする。

しかしコウは、トワは事情もなく戦いを投げ出すようなことはしないと信じるのだった。

コウはトワを見つけて、事情を聞き出した。

実はトワは、沙希にグリーンリュウソウルを握られていたのだ。

特訓に向かう道すがら、変身してウォーミングアップしていたトワは、変身を解いた瞬間に沙希に声を掛けられ、弾みでグリーンリュウソウルを落としてしまった。

それを沙希が拾い上げて、1日ボディガードしてくれたら返すと言って来たのである。

悪い奴らに追われていると言う割には誰も襲ってこないので、ボディガードは口実だろうと思いながらも、トワはそのまま傍に居るのだった。

大切な使命があると言うトワに、沙希は

「使命を成し遂げた後は、どうするの?」

「頑張って成し遂げても、辛くなるだけじゃない?」

と返して来た。

それを思い出して、トワがコウにドルイドンを倒した後はどうしたいのかを聞くと、コウは

「広い世界が見たい。もっともっと、いろんなものを見て、いろんなことを感じたい」

と笑顔で答えるのだった。

その頃、飲み物を買いに席を外していた沙希は、使命について思いを巡らせていた。

沙希は、天才レーサーと言われて、世界で通用する才能があると期待されていたものの、最近は成績がふるわなかった。

頑張って成し遂げても辛いことばかりで、逃げて来て、ついトワを巻き込んでしまったのだった。

シルフマイナソーが再び現れても、トワはまだ姿を見せない。

メルトがシルフマイナソーには攻撃力がないと見るなり、クレオンがドルン兵の槍を渡してしまう。

シルフマイナソーが単に槍を構えて走り回るだけでも、リュウソウジャーには手痛い攻撃となるのだった。

トワ参戦

シルフマイナソーが戦っている隙に、沙希の元へとやって来たクレオンは、彼女からマイナスエネルギーを引き出すついでに、グリーンリュウソウルを奪い取った。

皆の期待に応えられず、誰にも褒めてもらえない、そんな沙希の苦しみや悲しみがシルフマイナソーを生み出したのだ。

クレオンは、その感情をあおって、どんどんマイナスエネルギーを放出させる。

だがトワは、沙希を人質にされて抵抗を封じられながらも諦めなかった。

「誰かの期待になんか応えなくたっていいじゃん。ひとに期待されなくても、褒められなくても、俺は俺のやるべきことをやる」

そう言ってトワは、オモソウルでグリーンリュウソウルをクレオンの手から取り落させた。

沙希は咄嗟に、クレオンに奪われるまいと、グリーンリュウソウルの上に覆いかぶさる。

そして、クレオンに殴られても蹴られても、沙希はグリーンリュウソウルをしっかりと胸元に抱え込んで離さなかった。

沙希からグリーンリュウソウルを返してもらったトワは、修業の成果を発揮してドルン兵を次々と切り捨てると、クレオンを強烈な蹴りで退散させた。

そして、迎えに来たプテラ―ドンに乗って、仲間達の元へと向かうのだった。

シルフマイナソーに翻弄されていたコウ達だったが、メルトの「足元だ」の指摘を受けて、コウがヤワラカソウルとミストソウルを使い、マイナソーの進路に沼地を作ることで、足止めに成功した。

しかし、皆で技を叩きこんだものの、僅かな差でマイナソーは巨大化してしまった。

プテラ―ドンで合流したトワは、コウ、カナロと3人でキングキシリュウオーへと合体する。

トワが乗っていることで、キングキシリュウオーはシルフマイナソーにもスピード負けすることはなく、これを圧倒、あっさりと撃破したのだった。

戦いが終わって、沙希は巻き込んだことをトワに謝る。

トワのおかげで逃げるのをやめた沙希は、1年間の海外遠征に行く決意を固めたのだ。

「帰ってきたら、また会ってくれる?」

そう聞かれて、

「もうボディガードは必要ないでしょ」

と躱すトワだったが、その後、「待ってるよ」と応えて、2人は互いに頑張ることを誓うのだった。

それからトワは、皆にも、ドルイドンとの戦いが終わった後にやりたいことを聞いた。

アスナは「美味しいものをいっぱい食べたい」で、カナロは当然のことながら「素敵な妻とのバラ色の生活」だったが、バンバは「ドルン兵を倒さない限り、そんな未来はない」と言い捨てる。

そこでリュウソウジャー達は、皆の未来を守るために戦うことを、改めて決意するのだった。

 

>>>『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第37話に続く

▶視聴者が考えた見どころ、楽しみにしてることを見る

視聴者が考える見どころ、楽しみにしてること

トワくんまで婚活

20代女性:にろ

人間の元カノがいたバンバさんの弟なのでトワくんもモテる(なにせかわいい)だろうとは思っていましたが婚活にはまだ早いだろ!と思いました。完全に孫を見る目線です。素速いマイナソーが相手だということで、スーツだけでなく生身のアクションにも期待がかかります。そして心臓を握られっぱなしのワイズルー様はどう出るのかも気になります。まさかトワくんの彼女までワイズルー様が化けたのだったりしたらさすがに笑ってしまいますが。

感想

トワが恋!?

30代男性:Shinya0544

次回はトワが訓練の約束やマイナソーの出現をすっぽかしてまで女の子とデートしてるような雰囲気になっていて、カナロにとっては敗北感を感じさせるシチュエーションになっていますが(笑)、例によってトワといる女の子は訳ありな感じだと思い、タイトルの「超速のボディガード」というのはそういう意味合いだと思います。
ここ最近の展開がハードさを増し、販促もかねた流れ中心だったので、久しぶりのエピソード回になりそうですね。

女性感想

更に固くなった絆の強さ。

30代女性:うさちゃん

次回とうとうトワに彼女か出来るみたいで、先を越されたことにカナロがまた落ち込むんじゃないかと期待してしまいます。ハヤソウルを使いこなす疾風の騎士のトワに、スピードが特徴の敵が現れるようだから、早さと早さの戦いがどうなるのかとても楽しみです。普段そこまでスポットが当たってこなかったグリーンがメインのお話しというのも、素直に嬉しくてとても楽しみです。普段真面目でまっすぐなトワも、恋に振り回されて皆の結束も少し揺らぐのかと思うと不安だけど、乗り越えて更に強くなる姿を期待しています。

感想

トワの成長とカナロの嫉妬

40代女性:朱猫

序盤でトワと女性が親密な関係になっているというのは、第5話の「地獄の番犬」を彷彿とさせます。
その女性との関係を通して、トワがまた一段と成長することになるのではないかとの期待が高まります。
それを見て、バンバも少し成長するかも知れないところも、見どころとなると思います。
一方、久々にカナロに婚活シーンがあるらしいのが楽しみです。
しかも、その相手がトワと仲良くしているところを目撃してしまっては、心中穏やかでは居られないでしょう。
このところ、シスコンによるヤキモチばかりでしたが、婚活を巡ってのトワへのヤキモチ表現がどのようなものになるのか、とても楽しみです。

男性感想

試練の断崖を乗り越えられるかが楽しみです

20代男性:あいうしー

やはり、コウたちがしっかりと試練の断崖を乗り越えて、さらなる強い自分になれるのか、そして乗り越えたのちにどうプリシャスを倒すのかが気になりますね。個人的には映画の時のように武器を手にして戦うというのも面白いかなと思いますが、どうなるのでしょうか。何か今までと違うということをアピールする必要があると思いますから、他にも、新しいロボット形態を披露してくれるとか、あるいはそもそも技を使わずに単純な攻撃、パンチやケリで倒すのか。どう倒すかまで気になりますよね。試練を乗り越えることで、プリシャスを倒せるようになるだけでなく、何か精神的な成長によるキャラクターの魅力アップにも期待したいところです。

まさかのトワに女難の相!?

30代女性:ごんた

なんと次回はトワが可愛らしい女性のボディーガードを引き受けるというではありませんか!
カナロではなく、トワというところが最大のポイントですね。
ただ私の勝手な予想ではあるのですが、このボディーガードを頼む女性…ワイズルーじゃないかと思うんです。
今までも何度かカナロがワイズルーが化けた女性に騙される場面がありました。
心理作戦が得意なワイズルーですから、仲違いを目論んでいたり、優しさを逆手に取るような作戦を考えていると思うんです。
ただ、ここ最近精神的にも成長が目覚ましいトワですから、きっとスマートに乗り越えてくれると信じています!

感想

トワに春が来た?

30代女性:まる丸

次回はトワがメインの回です。恋愛なんて興味がなさそうで、いつも兄の後ろを追いかけているお子様トワが久しぶりに女の子と二人きりの回でどんな関係になっていくのか楽しみです。また、以前も同じように女性と一緒にいる回がありましたが、今回は前回はいなかったカナロがいて、女性と言ったらカナロと言いたくなるくらい女性に対して執着があるカナロがどんな風にトワのストーリーに絡んでくるのかが楽しみです。今回試練で成長したトワがバトルの中でどんな風に成長したのか見てみたいので、そこに期待しています。

騎士竜戦隊リュウソウジャー【第36話】の感想

リュウソウグリーンの素早さがすごい

30代女性:ミホ@

今までの敵にはないすごく速い動きの敵が登場して、みんなで戦いに挑むものの、リュウソウグリーンのリュウソウルがマイナソーに奪われてしまった‥
あの女の子の身勝手さが最初は見ていてイライラしたけど、最後には、期待に応えることよりも、自分らしく頑張るって言っていて少し応援したい気持ちになった。
そして、エンディングのケラッポーの歌が流れると我が家はお祭りのように踊りだすので、すごくほっこりとした気持ちでリュウソウダンスを見ていました。

ドルイドンを倒したあとはどうしたい?

30代女性:てつ

今回の主役はトワでした。ある女の子に今日だけボディーガードになって欲しい、なってくれたらトワのリュウソウルを返してあげると言われて仕方なく受け入れます。
「自分には使命がある」と言うトワにサキは、使命を成し遂げたあとはどうなるの?と聞かれてはっとしました。ドルイドンを倒したあとのことなんて考えたこともなかったトワは少し困惑した顔をみせ、私も思わぬ問いかけにおどろきました。
この問いがこのあとの闘いに悪い影響を及ぼしてしまうのかと心配しました。
でも、トワは闘いのなかで自分のやるべきことをやる!と決意を改めて闘うことができました。
闘いのあとトワがみんなにドルイドンを倒したあとどうしたいか聞くのですが、決まっている者、そうでないと者さまざまでした。でも、みんなの未来を守るためために闘う!と一致団結するシーンはリュウソウジャーらしくて良かったです。

女性感想

トワの内面の成長

40代女性:チーズケーキ

リュウソウジャーは、話のどこかに心に響くメッセージが込められていて、この第36話もさきという、レーサーの女の子が、今まで逃げ回っていたけど、これからは期待されなくても褒められなくても頑張ることに決めた、と言っていたシーンは子供たちにも伝えたいし、大人にも響いた言葉でした。トワとさきとの出会いが唐突でしたが、有名なレーサーだったというのは、かわいらしい見た目からは想像がつきませんでした。第36話は、いつもはあまり目立たないトワが活躍して興味深かったです。

男性感想

今回のストーリーはとにかく速い!

20代男性:トンディー

今回の騎士竜戦隊リュウソウジャーでは、超速のマイナソー・シルフマイナソーが登場します。マイナソーに応戦するため、リュウソウジャーたちが駆け付けるもトワが来ないために超速のマイナソーの速度に対抗できず苦戦していたのでした。トワに来なかった理由を尋ねると、トワは天才女子レーサーの沙希にグリーンソウルを取られ、返して欲しいなら一日ボディーガードになってほしいという条件をのんだためでした。しかし、マイナソーが出現した理由は、レーサーの沙希が、人の期待に応えられないことから逃げてしまいたいと考えていたためでした。そこでトワは、「誰からも期待されなくても、ほめられなくても良い」と伝えたことで、沙希はクレオンから必死でグリーンソウルを守り、トワに渡します。変身したトワは、超速のマイナソーに引けを取らない超速の動きでマイナソーを撃破したのでした。今回は自分の気持ちから逃げないということが重要なメッセージだと伝わる回でした。

▶騎士竜戦隊リュウソウジャー第36話の感想をもっと見る

トワの目に見える成長

30代女性:さむさむ

今回はトワがメインの話でした。コウも物語の中でコウが変わったと言っていましたが、私も見ていて感じました。最初は自信満々でコウに対してツンツンだったトワが、自分の同じように本当は自信のないネガティブな女の子に何も言わずに寄り添ってあげて優しさを感じました。自分がやってもらって嬉しかった事を他人にも同じようにやってあげられるのは簡単なことではないと思います。コウ達と出会ってトワが成長しているのが伝わりました。世界が平和になったら何をしたいのか。早く平和になってそれぞれやりたいことをやれる世界になってほしいと思いました。

感想

速さと小回りを生かしたアクション

20代女性:にろ

トワことリュウソウグリーンの公園でのアクションに目を引かれました。カメラも遊具の間を縫っていたりとどう撮っているのかすごく気になりました。また、アクターさんの動きも素晴らしく、速さを愛するトワらしい動きだったなぁと思います。素面でのアクションも良かったです。お話としては甘酸っぱいお話で和みましたが、よく考えればトワはゆうに100歳は越えている超高齢者じゃないか…と見終わった後我に帰ってしまいました。

感想

空飛ぶソフトクリーム

40代女性:朱猫

婚活が上手くいかないカナロと、自然体で沙希の心を掴むトワの対比が良かったです。
久しぶりに、カナロの婚活シーンが見られました。
あの定番の短いBGMと光を背負ってビリッと来た辺りから、あっさり振られるまでの一連の流れが、とっても面白かったです。
ストーリーが結構シリアスだっただけに、笑いをとってくれるカナロの有難みを感じました。
すっ飛んだソフトクリームをスライディングキャッチしてからの立ち上がり方も、カナロらしい動きで良かったです。
しかし、ソフトクリームのキャッチと集中力の関係は解りませんでした。
前回の試練と関連付けているのは解るのですが、あれに「凄い集中力ですね」って声を掛ける沙希のセンスは変です。
あれは集中力よりも、反射神経と瞬発力でしょう。

-特撮
-

Copyright© HEROmedia|ドラマ・映画・バラエティー動画を見るなら! , 2019 All Rights Reserved.