動画情報

仮面ライダーゼロワン【第5話】見逃し動画を無料視聴する方法!

更新日:

仮面ライダーゼロワン第1話

2019年9月29日放送の仮面ライダーゼロワン第5話『カレの情熱まんが道』を見逃してしまった…。という方に、無料で動画を視聴できる方法を紹介します。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

仮面ライダーゼロワンは現在、『auビデオパス』で見逃し動画を配信中です!

auビデオパスはauが運営している動画配信サービスで、放送中の仮面ライダーゼロワンを初回30日間無料で利用できるようになっています。

違法サイトなどを使わなくても、第5話を安心して見ることができますよ。

最新話を今すぐ見る!

『仮面ライダーゼロワン』をauビデオパスで無料視聴

※無料期間中の解約で料金がかかりません

『auビデオパス』のおすすめポイント

  • 『仮面ライダーゼロワン』の最新話を見れるのはauビデオパス!
  • 過去の仮面ライダー作品や、その他のアニメやドラマなど約10,000作品以上を配信中!見放題作品も!
  • オフライン視聴可!映画の割引特典まで

仮面ライダーゼロワン第5話の動画を無料視聴する流れ

仮面ライダーゼロワン第5話の動画を無料で視聴するまでの大きな流れは以下の通りです。

step
1
auビデオパスにお試し登録をする

auビデオパスのサイトに入ったら「今すぐ無料で試してみる」というボタンをクリックして、ガイダンス通りに進めて行けば簡単に登録が可能です。

step
2
放送後、1週間以内に最新話を視聴する

仮面ライダーゼロワンの見逃し配信は最新話だけ!

放送期間中は、1話から全話配信している動画配信サービスもないので、第5話を見逃してしまった場合は、1週間以内に視聴するようにしましょう。

(次回放送の2019年10月6日の朝まで)

step
3
登録後、30日以内に解約すること

auビデオパスが無料なのは、登録から30日以内です。

それを過ぎると月額562円(税抜)の料金が発生してしまうので、無料で見逃がした最新話だけを見たいなら、30日以内の解約を忘れないでください。

以上が、仮面ライダーゼロワンを無料で視聴するための流れになります。

最新話の見逃し配信は1週間なので、次回の放送までに第5話を視聴しておきましょう。

『仮面ライダーゼロワン』を最新話を今すぐ視聴する!

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

仮面ライダーゼロワン【第5話】のあらすじ・詳細

第5話『カレの情熱まんが道』あらすじ

或人(高橋文哉)は、イズ(鶴嶋乃愛)を連れて大人気漫画家・石墨超一郎(勝矢)のアトリエへ。子供のころから石墨作品を愛読している或人は石墨との対面に大興奮だったが、森筆ジーペン(徳角浩太郎)らアシスタントのヒューマギアを道具のように扱う石墨に失望してしまう。

 そんなジーペンに滅亡迅雷.netの迅(中川大輔)が接近。或人の目の前でジーペンにゼツメライズキーを装着させて…!

『出典:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

キャスト

高橋文哉、鶴嶋乃愛、岡田龍太郎、井桁弘恵
砂川脩弥、中川大輔、児嶋一哉、佐伯新、成田愛純

仮面ライダーゼロワン【第5話】のネタバレ

以下、ネタバレになります!

見逃したけど内容を知っておきたいと言う方はご覧ください。

 

ヒューマギアの注文

飛電インテリジェンスの社長室では、イズ(鶴嶋乃愛)が飛電或人(高橋文哉)にヒューマギアの注文システムについて、説明を行なっている。

プランは、『Sクラスプラン』『Aクラスプラン』『おまかせプラン』の3種類ある。

ちょうど同じ頃、2組がヒューマギアの注文を行なっている。

1組目は、声優事務所『メニースワンプ』の社長・多澤青次(おかやまはじめ)が『Sクラスプラン』を選択。

2組目は、漫画家・石墨超一郎(勝矢)の指示により、アシスタント・森筆ジーペン(徳角浩太郎)が『おまかせプラン』を選択。

イズが或人に時間だと促して、出かけた先は、石墨の所であり、注文されていたヒューマギアを届けに行くのであった。

或人は、石墨のファンであり、ものすごく興奮しているが、イズに仕事だと窘めれるので、配達したヒューマギアを起動させるのであった。

 

デイブレクタウンでは、謎の仮面ライダーに変身した滅(砂川脩弥)を羨ましがった迅(中川大輔)が、自分もプログライズキーを欲しいとねだるもが、滅の答えはこうである。

「我々の目的は、人類滅亡だ。」

「そのためには、ゼツメライズキーが先だ。」

「戦闘後のデータを収集し、アークを復活させなければならない。」

「アークを復活させられれば、一斉にヒューマギアを暴走させられる。」

「自我の芽生えたヒューマギアがまた1人。迅、お前の友達だ。」

滅と迅は、ジーペンを見ているのであった。

 

石墨が一向に漫画を描かず、ヒューマギアだけが描いているので、不思議がって聞くと、自分では絵は描かないと話す。

すると、或人はだから途中から絵のタッチが変わった、前は下手だけど、情熱があったと話す。

その時、ヒューマギアの1体がフリーズをしたので、邪気に扱う石墨。

ジーペンが何かを言おうとするが、何も言えないので、石墨はジーペンに買い物を命じる。

 

或人とイズが石墨家から出ようとすると、ジーペンが買い物から帰ってくる。

或人はジーペンに、ストーリーは石墨が考えているかを確認すると、否定するジーペン。

これを聞いた或人は失望して、その場を帰ろうとする。

その時、迅が現れて、ジーペンにゼツメライザーをセットすると、ジーペンは「滅亡迅雷.netに接続」と言って震えている。

迅は「ついでにプログライズキーも奪っちゃおう。」と言った後、或人に手を振ると、迅に気がついた或人が迅の方に近く。

ジーペンがビカリアマギアに変身してしまうので、或人もゼロワンに変身して戦闘を開始する。

ビカリアマギアが異常に硬いので、苦戦するゼロワン。

ビカリアマギアを分析したイズは、バイティングシャークはどうかと勧めながら、バイティングシャークプログライズキーを渡すが、ビカリアマギアが襲ってきたので、バイティングシャークプログライズキーを落としてしまうゼロワン。

目の前に、バイティングシャークプログライズキーが落ちてきたので、迅が奪おうとするが、間一髪、間に合ったゼロワンがバイティングシャークに変身する。

この時、他のアシスタントのヒューマギアも外に出てくると、ビカリアマギアがトリロバイトマギアに変えてしまい、彼らもゼロワンに襲いかかる。

すると、不破諫(岡田龍太郎)が現れ、仮面ライダーバルカンに変身をし、戦闘に参戦する。

刃唯阿(井桁弘恵)が駆けつけると、バルカンに新たな武器アタッシュショットガンをテストしろと渡すと、その強力なパワーにビカリアマギアは逃走するが、バルカンもその反動に吹っ飛んでしまう。

これを見た唯阿は「対策が必要だな。」と呟くのである。

 

石墨にヒューマギアのアシスタントが全て破壊されたので、明日の朝までに代替機を用意すると話すイズ。

石墨はすぐに持って来いというが、或人は自分で描いたらどうだと答えるのである。

しかし、石墨はヒューマギアがさっさと描けばいいというので、或人はそれで楽しいのかというのであった。

情熱

社長室に戻った或人とイズのもとに、石墨からクレームが入っていると言いながらやってくる専務の山下三造(佐伯新)、副社長・福添准(児嶋一哉(アンジャッシュ))、副社長秘書・シェスタ(成田愛純)。

或人がヒューマギアの代替機の発送を止めていることに対して、抗議をしにきたのであった。

しかし、或人は奴隷のようにヒューマギアを扱うことに対して、失望しているので、発送を止めているが、福添はシェスタに発送を命じた後、3人はその場を去るのである。

彼らが去った後、或人は石墨が情熱を持っていないのかと愚痴ると、イズは或人の言ったことがわからないと答える。

情熱について、調べ始めたイズを見ていた或人はビカリアマギアが熱に弱いのではないかと思い出し、イズに指示を出す。

 

アニメの作成現場にいる石墨の元に、多澤が声優のヒューマギア・香菜澤セイネ(美山加恋)を紹介する。

石墨が部屋を出ると、控え室にイズがおり、石墨に情熱を持っているかと質問をする。

 

翌日、石墨の元に、或人と山下がやってくると、山下は石墨に謝罪するが、或人はそれでいいのか?と聞く。

石墨が昨日、イズがきて変なことを話しにきたというと、その時チャイムがなるので、ヒューマギアが届いたと思い、出迎えると、現れたのはイズであった。

イズは、代替機の発送を中止したというと、驚く或人らにイズは自ら「情熱」を検索した際に、先代社長の飛電是之助(西岡德馬)が「情熱を持って仕事しているすべての人々を助ける。これが我が社のやるべきことだ。」と言っていたという。

「情熱」を理解したイズに勇気づけられた或人は、自分が石墨の描く漫画を読んで大人になったと必死に説得する。

しかし、石墨は自分に漫画を描く情熱がなくなったと本音を口にする。

その時、ビカリアマギアが襲いかかってきたので、慌てて机から1本のGペンを握りしめる石墨。

 

或人はこれを見た後に、フライングファルコンプログライズキーを手にし、フライングファルコンに変身をした後、石墨に情熱はあるじゃないかと言ってから、戦闘を開始する。

そこに合流したバルカンがパンチングコングでアタッシュショットガンを放ち、ビカリアマギアにダメージを与える。

シューティングウルフでは力負けしていたものの、パンチングコングでは力負けしなかったのである。

ゼロワンはイズから新たなプログライズキー・フレイミングタイガープログライズキーを受け取り、フレイミングタイガーにチェンジ。

フレイミングタイガーの両手から火が噴き出しているのを見た、パンチングコングは笑いそうになるのを必死でこらえる。

フレイミングタイガーの戦闘をしている光景に感動する石墨。

そして、フレイミングタイガーが

「ジーペン、お前を止められるのは、ただ1人。俺だ!」

と言った後、『フレイミングインパクト』で撃破する。

 

ゼロワンの戦いを目の当たりにした石墨は、創作意欲を刺激され自ら漫画を描くことを再開。

刺激を受けたと言いながら、サイン色紙を或人に渡すと、喜ぶ或人。

新しいヒューマギア(ジーペン?)に背景を任せており、自らは新キャラを作る余裕ができたと言いながら、そのモデルはゼロワンではなくバルカンだったので、がっくり肩を落とす或人。

或人「俺じゃないの〜」

イズ「或人じゃーナイト」

 

そのころ滅亡迅雷.netでは滅が、ゼロワンのプログライズキーを狙った迅を戒める。

「自分は滅のなんなの?アシスタント?」と不平を言う迅に、滅は「それよりも重要な存在だ。おれの息子だ」と意外な事実を答えるのであった。

>>>仮面ライダーゼロワン第6話に続く

▶視聴者が考えた見どころ、楽しみにしてることを見る

視聴者が考える見どころ、楽しみにしてること

漫画家さんとアシスタントと。

20代男性:背筋崩壊太郎

ヒューマギア型アシスタントを扱き使う漫画家。彼と或人がどう向き合うかが、話の焦点です。
デイブレイクの真相が明かされた後に、すぐ通常回を差し挟むのは何となく肩透かし感がありますが、今回登場した新フォーム・フライングファルコンが再び活躍するか、楽しみです。フライングファルコンのプログライズキーは、敵に奪われる展開になることが予想されるので、今のうちにゼロワンが使うところが見たいです。
次回は或人の祖父・是之助が登場する様なので、デイブレイクについて、また何か判明する事実があるのではないかと思います。

情熱を込めた仮面ライダーゼロワンの新しいフォームが登場!

20代男性:トンディー

次回の仮面ライダーゼロワンでは、前回とは違う新しいフォームが登場します。次回の話は漫画家の話で、人気漫画家の家に訪問する或人は大興奮ですが、ヒューマギアがほとんど漫画家の仕事を代替しているため情熱を無くして、漫画家アシスタント型ヒューマギアを道具のように使っているのを見て、人気漫画家・石墨超一郎に失望してしまいます。漫画家として情熱を取り戻してほしい或人は、情熱を込めた仮面ライダーゼロワンの新しいフォームに変身します。どのような熱い必殺技を繰り出してくれるのかというところに期待します。

人間とヒューマギアの共存の大切さが問われる重要ポイント

40代男性:knight02

次回は、大人気漫画家である石墨超一郎がストーリーのキーマンですが、彼がアシスタントのヒューマギアを道具のように扱う非道ぶりと、そのヒューマギアが滅亡迅雷.netによってマギア化され、石墨のもとを離れるというショックなども描かれるのではと予想しています。
或人はヒューマギアは人間と共存するための大切なパートナーであることを提唱し続けるだけあって、次回は、ヒューマギアの存在の大切さと、マギア化される悲しさがリアルに描かれる内容の濃い人間ドラマとして、すごく期待しています。

感想

滅亡迅雷のプログライズキー

30代男性:まりーお

第5話では漫画家の話でそこに対してはちょっと分かりかねるところがありますが、徐々に世界観が分かってきて、滅亡迅雷の存在が世の中に知れ渡ったことで、次回以降に各組織の接点が期待出来るかなと思いました。
プログライズキーのここにきて新たに2つリリースされ、HIDENは前回の水と今回の鳥。AIMSはパワーと各組織によって種類が異なるのかなと思いました。滅亡迅雷がどんなプログライズキーを使うのかも次回以降の楽しみです。

感想

仮面ライダーバルキリーの活躍

30代男性:仮面ライダーマン

仮面ライダーバルキリーの活躍を楽しみにしています。変身前の姿である刃は端麗な容姿でありながら口が悪いというギャップがキャラクターとして魅力的です。それでいて優しい一面もあります。そんな刃や仮面ライダーバルキリーの活躍シーンをたくさん見たいです。また、仮面ライダーゼロワンやバルカンのように別フォームへフォームチェンジするのも期待しています。そして、まだまだ謎の多い敵の正体がどんどん明かされていくのを楽しみにしています。

男性感想

なんか熱そうな新フォーム

20代男性:アルト

来週の仮面ライダーゼロワンは今週のフライングファルコンに似た赤いフォルムに身を包まれたゼロワンが予告に登場していたので楽しみです。また、今回は仮面ライダーバルキリーが登場しなかったので期待です。新しいフォームへの変身はやはり視聴者としても盛り上がる場面なのでどんな動詞にどんな動物が組み合わさるのかすごいわくわくしています。また滅亡迅雷ネットの思わくはなんなのか、今後どのような立ち位置で登場するのか楽しみです。

AIがマンガを描く時代

30代女性:谷山はるか

次回は漫画家のお仕事をヒューマギアがやった場合のお話しですが、アシスタントをすべて人工知能にする時代はすぐにあるように感じております。今のCG技術を見ていても、目まぐるしく進化をしており、今は人の手で色を塗ったり加工をしていたが、その内、言葉一つで色が塗ることだって可能のように思えます。過労気味の漫画家やアニメ等々のクリエーターの人たちの負担を早く減らして欲しいと思っています。ただ、作品を構築する原作の部分はまだまだ人間の感情が必要だと思うので、作家と言う仕事はしばらくはなくならないのも同時に感じています。

仮面ライダーゼロワン【第5話】の感想

感想

近い将来にあるかもしれない世界

40代男性:マルコ

AIが漫画のアシスタントとして漫画を描いているなんて、本当に近い将来にあるかもしれないと思いました。新しいのは、昭和、平成ライダーのときは、ザコキャラは初めからいたのに、令和ライダーになってザコキャラはヒューマギアをザコキャラ化することです。また、ライダーがバージョンアップしていくのは平成ライダーを踏襲しているなと思いました。今回は水のタイプと火のタイプに変形していました。主人公がコミカルな動きをするのも新鮮でした。

イズに変化が!?

30代女性:ねこまんま

子どもにも分かりやすい内容で良かったかなと思います。お金を稼ぐと何でも出来るような何でも手に入るような気がするけれど結局「自分」を忘れちゃいけないということですね。「物」だって命があるということ、子どもたちが分かってくれるといいなぁと一緒に観ながら思いました。
あのアタッシュケース?の武器は今から進化するんでしょうか?分かりやすい構造でいいけど、子どもたちはあまり興味を示しませんでしたね。ジオウの武器が凄く工夫されていたからでしょうか。
イズがだんだんと或人の気持ちに添うようになってきていて、これからどうまた変化するのが今後の見所ですね。

情熱!の仮面ライダー

40代男性:ムサシ

ヒューマギアを使って漫画を描き、漫画に対する情熱を失ったと思われる漫画家に対し、
それを取り戻して貰うため必死の説得をする主人公の或人(仮面ライダーゼロワン)

ヒューマギア=機械=冷たいという流れで冷めてしまった漫画家の情熱に再び火をつける
仮面ライダーゼロワンフレイミングタイガーの戦いと、敵から逃げようとして漫画家が咄嗟にペン(以前漫画を描いていたときに使っていた)を握ったシーンが熱かった。

長く仕事を続けていると惰性とマンネリでとかく仕事に対する情熱は薄れてくるもので、
40代のオッサンにとっては、熱い気持ちを再び燃やそうと思う良い回でした。

感想

新しいアイテム

60代女性:にまわ

今回はマンガを描く先生の回で、もう売れてしまって情熱がなくなって、アシスタントAIがストーリーから絵から全部を考えているというものでした。新しいアイテムも登場しましたので、時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。アクションの表現が細部までこだわりがあり、見ているほうがはらはらして緊張感がありました。ロケ地もさまざまなところで行われており、世界のいろいろな場所が登場しますので、旅行が好きな方は元ネタがわかるのでそういった見方もできると思います。

▶仮面ライダーゼロワン第5話の感想をもっと見る

男性感想

新プログライズキー

20代男性:ゆー

労働環境、ロボットに自我が生まれると現代の働き方が問題されてる日本の社会を描いているよーでした。
2号ライダーの武器は中々のユニークさでした。
芸人のコジマさんは嫌味っぽい演技が見ていて素晴らしいです、今回でイズにももしかしたら自我が発生してきたのかもしれませんね。現実の世界でもAIの進化で人間が働かなくなるかもしれませんね。
戦闘時のゼロワンの新しいプログライズキーの火の虎の必殺技は中々のカッコよさでした。

情熱

40代男性:雪代縁

今回の大物漫画家による舞台がお話でした。
初期の頃は下手だけど情熱的に絵を描いていてすばらしかったとアルトはいっていたが、今はAIのアシスタントが複数いるために自分が書く必要はなくなり、だらけてしまった。
確かにヒューマギアが書く漫画の線は繊細だが、決められた法則でしか書かないため情熱が見えない。
そして大物漫画家はヒューマギアは物としか扱っていないので、代用品を発注するのは断るような内容でしたね。
秘書イズはアルト社長の行為が理解できなかったが「情熱」という言葉を覚えて一段人間らしくなったとさ。

今週も情報量てんこ盛り!

30代女性:谷山はるか

今週は漫画家のお仕事を紹介していたが、ヒューマギアがあれば、作品をひとつ作り上げるのは容易いのだと思い、現実の話しをしたら漫画家と言う仕事は将来なくなるのではないかと思いました。ただ、それを或人が否定しており、或人は人間とヒューマギアの共存を願っているのが分かり或人の祖父も願っているのも感じました。
また、或人のお笑い芸人としての根強いファンである不破の反応が面白く、変身して戦闘中にも関わらず或人の動きに笑ってしまっている姿に私は笑ってしまいました。

-動画情報
-

Copyright© HEROmedia|仮面ライダー×特撮ヒーローのネタバレ&動画情報 , 2019 All Rights Reserved.