特撮

仮面ライダーゼロワン【第13話】見逃し動画を無料視聴する方法!

更新日:

仮面ライダーゼロワン第1話

2019年12月1日放送の仮面ライダーゼロワン第13話『ワタシの仕事は社長秘書』を見逃してしまった…。という方に、無料で動画を視聴できる方法を紹介します。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

仮面ライダーゼロワンは現在、『auビデオパス』で見逃し動画を配信中です!

auビデオパスはauが運営している動画配信サービスで、放送中の仮面ライダーゼロワンを初回30日間無料で利用できるようになっています。

違法サイトなどを使わなくても、第13話を安心して見ることができますよ。

最新話を今すぐ見る!

『仮面ライダーゼロワン』をauビデオパスで無料視聴

※無料期間中の解約で料金がかかりません

『auビデオパス』のおすすめポイント

  • 『仮面ライダーゼロワン』の最新話を見れるのはauビデオパス!
  • 過去の仮面ライダー作品や、その他のアニメやドラマなど約10,000作品以上を配信中!見放題作品も!
  • オフライン視聴可!映画の割引特典まで

仮面ライダーゼロワン第13話の動画を無料視聴する流れ

仮面ライダーゼロワン第13話の動画を無料で視聴するまでの大きな流れは以下の通りです。

step
1
auビデオパスにお試し登録をする

auビデオパスのサイトに入ったら「今すぐ無料で試してみる」というボタンをクリックして、ガイダンス通りに進めて行けば簡単に登録が可能です。

step
2
放送後、1週間以内に最新話を視聴する

仮面ライダーゼロワンの見逃し配信は最新話だけ!

放送期間中は、1話から全話配信している動画配信サービスもないので、第13話を見逃してしまった場合は、1週間以内に視聴するようにしましょう。

(次回放送の2019年12月8日の朝まで)

step
3
登録後、30日以内に解約すること

auビデオパスが無料なのは、登録から30日以内です。

それを過ぎると2ヶ月目以降は月額562円(税抜)の料金が発生してしまうので、無料で見逃がした最新話だけを見たいなら、30日以内の解約を忘れないでください。

以上が、仮面ライダーゼロワンを無料で視聴するための流れになります。

最新話の見逃し配信は1週間なので、次回の放送までに第13話を視聴しておきましょう。

『仮面ライダーゼロワン』を最新話を今すぐ視聴する!

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

仮面ライダーゼロワン【第13話】のあらすじ・詳細

第13話『ワタシの仕事は社長秘書』あらすじ

新たなプログライズキーで或人(高橋文哉)はゼロワンシャイニングホッパーに変身、ドードーマギア改に立ち向かう。しかし、簡単にその力をラーニングされ圧倒されると、イズ(鶴嶋乃愛)を守るため攻撃を受けとめ、変身解除に追い込まれる。

新たなキーがドードーマギア改にも通用せず、しかも或人は自分を庇って傷だらけに。責任を感じたイズは「私は社長秘書失格です」と自らを責める。

傷つきながらも祭田ゼット5号(松村龍之介)をドードーマギア改から守ろうと懸命に捜索する或人。或人はゼロワンに変身、バルカンと共にドードー戦闘員と戦う。そんな2人の前に現れた滅亡迅雷.netの滅(砂川脩弥)は、ゼロワンらに意外な提案を持ちかける。それは…!?

『出典:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

キャスト

高橋文哉、鶴嶋乃愛、岡田龍太郎、井桁弘恵
砂川脩弥、中川大輔、児嶋一哉、佐伯新、成田愛純

仮面ライダーゼロワン【第13話】のネタバレ

以下、ネタバレになります!

見逃したけど内容を知っておきたいと言う方はご覧ください。

パワーの出ないシャイニングホッパー

イズ(鶴嶋乃愛)から受け取った新しいプログライズキー・シャイニングホッパープログライズキーを使い、シャイニングホッパーに変身した仮面ライダーゼロワン。

ドードーマギアと戦闘するも、「ラーニング完了。ライジングホッパーの1.8倍。上回るのは造作もないこと。」と攻撃を受け止められて、反撃されてしまう、ゼロワン。

これを聞いたイズは、「そんな?1.8倍?もっと、高出力なはずです。」とつぶやく。

ドードーマギアがミサイルを放つと、その方向にはイズがいるので、ゼロワンはイズをかばい、ミサイルを受けると、そのダメージで吹き飛ばされ、変身を解除される。

まずいと思ったワズ・ナゾートク(辻本耕志)は、持っていたブレイキングマンモスプログライズキーを押し、飛電或人(高橋文哉)に装着すると、呼ばれたブレイキングマンモスは或人、イズ、ワズと近くにいた不破諫(岡田龍太郎)を取り込み、その場から飛び去る。

残されたドードーマギアは、「新しいゼロワン。恐るるに足らず。」と呟き、その場を去る。

 

諫の力を借りて、A.I.M.S.の車に避難させてもらった或人たち。

飛電の疑いを晴らすには、ドードーマギアを倒し、ゼツメライズキーを回収しなくてはいけないため、どうするか話をしていると、急にイズが「社長、申し訳ありません。」と謝罪する。

或人「なんで、急に謝るの?」

イズ「社長は私をかばってお怪我を。」

イズ「それに、シャイニングホッパーキーが不完全なことを見抜けずに渡してしまいました。」

イズ「今回の失敗は私の責任です。」

イズ「私は社長秘書失格です。」

 

ドードーマギアは手下のマギアに祭田ゼット5号(松村龍之介)を探すように、指示する。

 

イズの謝罪を聞いた或人は、

「全然、謝る必要はないじゃん。」

「イズは俺みたいなダメな人でも、サポートしてくれるスーパー秘書なんだから。」

「自信持って」

といい、シャイニングホッパープログライズキーをイズに渡すと、車から出ようとするので、諫がどこに行くのか聞くと、5号を助けに行くという。

諫は「馬鹿か。ヒューマギアの心配している場合か。」といいながら、後を追いかける。

或人が助けに行く前に、マギアに見つかってしまった5号。

 

車の中では、イズがシャイニングホッパープログライズキーを分析し、パワー不足の原因を判明させた。

イズがワズになぜシャイニングホッパープログライズキーを使うのを止めたのか聞くと、「ただの直感です。」と答えるワズ。

イズがワズに、いままでの無礼を謝罪すると、急にドアが開き、刃唯阿(井桁弘恵)が「なぜ、勝手にうちの車を使っているのか、聞かせてくれ!」と言いながら、銃をイズとワズに向ける。

 

或人が5号を探していると、物音が聞こえたので、近寄ろうとすると、怪我で倒れてしまいそうになる。

これを諫が支え、「変身しろ。システムが怪我をすこしはカバーしてくれる」というので、2人揃って、変身し、5号を助けに行く。

ゼロワンとバルカンが戦闘をしていると、5号は逃げてしまう。

バルカンが「こいつら滅亡迅雷のとは違うぞ」というと、「その通りだ。」と声がして、マギアたちは破壊される。

声の方向を見ると、滅(砂川脩弥)と迅(中川大輔)がおり、ドードーマギアが裏切ったことを話した。

そして、滅が「やつを倒すまでの間、共闘しないか?」と話すと、

ゼロワン「ふざけんな!さんざん、ヒューマギアをもてあそんで!」

バルカン「俺の答えを教えてやる。」(銃を構えて撃とうとすると、バルキリーも現れ、両者で射撃する)

バルキリー「お前の答えはこれだろ。」

滅は「知らんぞ。お前たちが束になっても、やつにはかなわん。」といい、迅とともにその場を去る。

 

車に戻り、どのように対応するかを話している。

唯阿「どードーゼツメライズキーが手に入るなら、手を貸してもいい。」

或人「え?3人で戦ってくれるの?」

諫「簡単に喜ぶな。」

或人「そっか・・・ZAIAの利益のためってことか。」

諫「お前、そこまで知っていたのか?」(うなずく或人)

唯阿「不破!いつの間に、飛電の社長とお友達になったんだ。」

(諫が唯阿に掴みかかりそうになるのを或人が止める)

或人「まあまあ、喧嘩はよそうよ。」

諫「で、どうする?3人でも厳しい。」

イズ「社長、ご安心ください。シャイニングホッパーキーの完全な構築方法を発見しました。」

そして、ワズが5号が行きそうな場所である、5人が揃っていたステージの場所を提示すると、或人、諫、唯阿が助けに向かう。

 

完成!シャイニングホッパー!

ステージの客席で5号が座っていると、ドードーマギアが現れると、5号を襲おうとする。

これを助けた或人、諫、唯阿は3人揃って変身し、ドードーマギアと戦闘を開始する。

 

一方、飛電のラボでは、イズがシャイニングホッパーキーの再構築をしようとしている。

シャイニングホッパーキーのパワー不足の原因は、惑星ゼアが或人の進化に追いついてなかったからである。

そのため、今まで使用したプログライズキーに記録された戦闘データを使用しようとするも、ザットからデータ不足と言われてしまう。

すると、イズは不足分は自分のメモリーを移植して補うというのである。

これを聞いたザットは、移植すると、イズの活動停止を意味すると警告するが、イズは構わないというと、ザットがイズからデータを転送しようとする。

そのとき、ワズがイズを突き飛ばし、ワズからデータを転送が開始される。

イズ「ワズ!なぜ!」

ワズ「イズ、あなたは勘違いしている。あなた以上に、或人くんを本気にさせられる秘書は、存在しないのです。」

ワズ「或人くんにはあなたが必要だ。」

ワズ「人生の先輩として、この場は私が。」

ワズ「是之助社長から、そう託されていますから」

データ転送が終わると、倒れるワズ。

そこには走馬灯のように是之助(西岡德馬)が現れる…。

そして、シャイニングホッパーキーが再構築される。

 

ドードーマギアと戦闘しているゼロワンであるが、圧倒的パワーにやられてしまい、戦闘を解除させられる。

ドードーマギア「ここまでだな。」

或人「ここまで?ばか言うな、伸び代だけなら、ちょっとしたものだぜ。」

或人「お前が俺をラーニングして上回るなら、またそれを超えてみせる。」

ドードーマギア「不可能だな、超える前に死ね。」

と攻撃をすると、シャイニングホッパーキーが攻撃を受け止める。

シャイニングホッパーキーを投げたイズがワズを兄と認め、すべてのヒューマギアの思いが乗っているので、お願いします。と或人に伝える。

そして、或人は受け取ったシャイニングホッパーキーでシャイニングホッパーに変身する。

シャイニングホッパーを見たドードーマギアは、「それか、上回ったといったはずだ。」と攻撃するも、まったく当たらない。

逆に、シャイニングホッパーの攻撃を予測して、避けようとするも、シャイニングホッパーが上回り、攻撃をくらってしまう。

そして、「お前じゃ超えられない。俺を超えることができるのは、ただ1人、俺だ!」といい、攻撃を繰り出していき、

『シャイニングメガインパクト』でドードーマギアを撃破する。

ドードーゼツメライズキーをバルカンが回収しようとすると、仮面ライダー滅が現れて回収してしまう。

バルカンとバルキリーが取りに行こうとするも、滅にやられてしまう。

そして、戦いを密かに見つめていた天津垓(桜木那智)は「楽しみだよ。サウザーとの戦いが」と不気味な言葉を呟く。

 

社長室に戻ると、シャイニングホッパーの影響でバテバテの或人。

どうやら、全身筋肉痛になったようである。

警察の捜査や記者会見に備えて、ラボを出るも、まともに歩くことのできない或人であった。

>>>仮面ライダーゼロワン第14話に続く

▶視聴者が考えた見どころ、楽しみにしてることを見る

視聴者が考える見どころ、楽しみにしてること

窮イズと暗殺ちゃんの動向

30代女性:マキロン

イズがなにやら大事な決断をするとの事で、或人を守って死ぬような展開にならないか心配です。イズの決断が或人にとってプラスになる事なら良いなと思います。暗殺ちゃんが強くなりすぎて手に負えなくなっています。滅びの方から何か提案を持ちかけるようですが、せっかく作り上げた暗殺ちゃんを壊そうとするのではないかと思います。滅びからしても暗殺ちゃんはもう邪魔者になるからそういう選択肢を平気でしてきそうです。でも、ヒューマギアを倒すことになるし、滅亡迅雷ネットと手を組む事になると或人はどういう判断をするのか。暗殺ちゃんやイズがどうなるのかに注目です。

暗殺ちゃんの未来は暗い

30代男性:らいおん

今回の引きから、新フォームへ変身して即座に暗殺ヒューマギアはやられると思われましたが、どうもそうならないようです。新フォームが弱いとか、暗殺ヒューマギアが即座に対応するといった事だと今後の展開が難しくなるので、恐らく変身する或人の方に問題があるのでしょう。そして滅亡迅雷から出ていった暗殺ヒューマギアですが、復活のタネが分かったところで復活用のボディーは滅亡迅雷には無い残り1つとなります。話の最後にはやられるのでドードーのゼツメツライザーが手に入ればZAIAの関与も分かるのではないでしょうか。それともそうなる前に唯阿が回収するのでしょうか。

感想

ハードボイルド探偵

40代女性:ごまちゃん

ワズは必ずイズに何らかの影響を与えると確信している。しかし、仮面ライダードライブにおいてのチェイスや、Wの「おやっさん」鳴海荘吉の最後を思い出し、もしかしてワズもハードボイルドな運命になるのでは…?と心配になっている。視聴者が感情移入したキャラクターが主人公を助け、そして悲しい運命になってしまう三条作品を何度も見てきた。杞憂ならいいのだけど。初めて会った「兄」に対して今週は不快感?を抱いていたイズ。もしもワズがいなくなったら、その時イズにはどんな「気持ち」が芽生えるのだろう。

イズがいなくなる?

40代男性:みのむし

イズが自ら電源落としているようなシーンがありました。シンギュラリティが起こりかけているから自らリセットしたのか、それとも他の理由でしょうか。でもまだドラマは前半です、こんなに早くメインヒロインがいなくなるとも思えません。もしかして敵になるんでしょうか?予告ではシャイニングホッパーではなくてホッパーで戦っていたので、何か不具合があったのは確実です。探偵がキーマンの気がするので、来週が待ち遠しい。暗殺ちゃんのシンギュラリティもどこまで行くのか見ものです。

感想

じかいのみどころは

20代男性:コロ助

次回の見所は何と言っても、ゼロワンの新フォームの活躍だろう。これまでのプログライズキーよりもパワーアップしているだけに、すぐに使いこなせては面白くない。
だが、使うのに悪戦苦闘する展開を長々と見せられるのも冗長である。次回のうちには制御し、暗殺ちゃんを倒すことが出来るのだろうが、どんな能力を持っているのか。
また、ワズは飄々としていて面白いキャラだが、飽くまでもゲスト扱いであろうから、次回で出番は終わりだろう。
問題は、今後再登場するのかどうかといったところだ。有能過ぎて破壊されそうな気もするが、どうなるのだろうか。

イズ社長秘書辞めちゃうの!

30代女性:谷山はるか

イズが社長秘書を辞めると言う衝撃の次回予告を観てしまい驚愕しています。イズの或人のギャグ解説は割と好きだったので、いなくなると誰が或人のギャグの解説するのかと思うからです。
また、完全に或人は会社をZAIAに渡すつもりはないようなので、身の潔白が証明された後の次の一手をどう打つのか、今後の動きがきになっております。
最後にラボのパスワードのギャグを福添が全力でやっているがその着地点がどうなるのか気になります。

女性感想

それぞれの変化

30代女性:にわかニチアサ民

パワーアップしたゼロワンの戦闘シーンが楽しみですね。暗殺ちゃんを倒せるのか、それとも滅と迅が現れて暗殺ちゃんを保護してゆくのか。ワズの覚えた胸騒ぎと、ゼロワンの変化とは何なのか。
次回タイトルにもある様に、イズが何を悩みどんな行動を起こすのか、気になります。今回、ワズを訝しんで怖い顔をしていたり、新型プログライズキーに確たる自信を持っていたりと、機械的な部分よりも人間的な部分が見えてきているイズ。滅亡迅雷.netに狙われないか、心配ですね。
気になることが盛りだくさんの仮面ライダーゼロワン、次回も楽しみにしています。

さようなら、リズ

30代女性:キラ

予告では、イズが社長秘書として最後の仕事をすると言っていたので、イズは次回破壊されてしまうのではないかと思います。仮面ライダーのヒロインが13話で早くも消えるのは前代未聞ではないでしょうか。ゼロワンが、せっかく新しいプログライズキーでバージョンアップしたのに、イズが暴走してしまったのではないかと思います。暴走の原因は、兄を語る探偵ヒューマギアのワズ・ナゾートクを助けるためかもしれません。「暗殺ちゃんとついに決着」とあったので、次回は暗殺ちゃんをバージョンアップしたゼロワンが破壊するものと予想します。

仮面ライダーゼロワン【第13話】の感想

さよならワズ

30代女性:あき

なかなか愛着のあるキャラだと思っていたイズの兄で、探偵ヒューマギアのワズが早々にいなくなってしまいました。けっこうおもしろいキャラだっただけに残念なりません。ワズやイズは秘密保持のためにバックアップデータがないとのことだったので、壊れてしまったりやられてしまったりしたら復活できないんですね。他のヒューマギアたちが壊されても復活してくるだけに、イズが危険にさらされる度にハラハラしそうです。ワズがいかに先代の社長を敬愛しているかがわかる最期もとてもよかったです。

遂に完成シャイニングホッパーキー

30代男性:仮面ライダーマン

シャイニングホッパーキーに変身するシーンがとても格好良かったです。また、その強さも異次元で圧倒的でした。これまで手も足も出なかったドードーマギアを全く寄せ付けない強さはかなりのものだと思います。それによりこれまでの仮面ライダーの勢力図にも変化が見られることになります。敵味方を合わせて、現状ではゼロワンのシャイニングホッパーフォームが最強だと思います。逆に仮面ライダーバルカンは他のライダーよりも力が劣ると思われます。今後の展開がとても楽しみです。

女性感想

ワズとイズの関係の真相

30代女性:ゼロワン大好き

前回の流れで、イズが「さよならアルト様」と言っていたので、イズは今回どうなってしまうのだろうと心配していました。
アルト社長のパワーアップの為にイズが犠牲になろうとしていたところをワズが助けます。そこから、ワズとイズの関係や前社長の思いなども明らかになります。
ワズが倒れる瞬間にイズが初めて「お兄様」と言ったところが印象的でした。
ワズのおかげで、新しくしたシャイニングホッパーで戦いに勝利したアルトもワズに感謝します。
来週からも新たなシャイニングホッパーで戦うゼロワンを見るのが楽しみです。

感想

ゼロワンの新フォーム・シャイニングホッパーの真の能力とは?

20代男性:トンディー

今回の仮面ライダーゼロワンでは、仮面ライダーゼロワンの新フォーム・シャイニングホッパーの真の実力が見られます。前回登場したドードーマギア改に手も足も出なかった或人は渡されたシャイニングホッパーに変身して戦いますが、確かに強くはなったものの敵に立ち向かえるほどの能力が発揮されませんでいた。その理由は、或人の仮面ライダーゼロワンとしての成長能力が著しく成長しており、ブログライズキーがその成長についていけていないためでした。ワズの犠牲もあり、強化されたシャイニングホッパーに変身した或人は、前回では歯が立たなかった相手に対して、あらゆる面で上回り、瞬間移動のような素早い攻撃で相手を圧倒し、とどめを刺したのでした。シャイニングホッパーの真の能力が発揮された戦闘シーンは今回の最大の見所シーンだと感じました。

▶仮面ライダーゼロワン第13話の感想をもっと見る

感想

兄弟愛で新フォーム!

40代男性:aki

前話最後に変身したシャイニングホッパーフォーム、まさかの序盤でボロ負けは焦りましたが未完成とは、ワズの言葉が伏線になっていたことにびっくりしました。

また、シャイニングホッパーフォーム完成にワズの記憶が必要なところは予想外でしたが、最後にイズとワズの兄弟愛が見えて良かったです。時計を渡してワズが停止するシーンは涙が出そうになります。
シャイニングホッパーフォームは強いし最高に格好よいです。
何気なく3ライダー共闘していたり、見所が多かったです。

イズがワズを兄と認めた!

30代女性:谷山はるか

イズやワズ等、重要な情報を持っているヒューマギアには秘密保持のため、バックアップが存在していないことに驚きました。つまり壊れてしまったら修復は不可二度と会えないことになる。ヒューマギアはバックアップがあれば、何度でも蘇ると言うのが売りにしてきたが、彼女らはもとに戻らないと言う宿命を背負っているのが、人間と同じだと感じました。そして、ワズが身代わりとなり、新しいプログライズキーを完成させるところは感動しました。

ワズの想いが込められた変身キー

30代男性:クッキー

ワズがいなくなっちゃいそうだなあ…と不安になりながら見ていたんですが、プログライズキーを完成させるための犠牲になる展開は予想していませんでした。これはかなり重たいキーになりましたね、シャイニングホッパーは。その分だけ圧倒的に強い現状最強のキーになったわけですけれど。今後まだまだゼロワンはパワーアップすると思いますが、その時はシャイニングホッパーキーも一緒に成長していくような展開になってくれると嬉しいですね。大事に使っていってほしいです。

-特撮
-

Copyright© HEROmedia|ドラマ・映画・バラエティー動画を見るなら! , 2019 All Rights Reserved.