動画情報

仮面ライダージオウ【第48話】見逃し動画を無料視聴する方法!

更新日:

仮面ライダージオウ 動画

2019年8月18日放送の仮面ライダージオウ第48話『2068:オーマ・タイム』を見逃してしまった…。という方に、無料で動画を視聴できる方法を紹介します。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

仮面ライダージオウは現在、『auビデオパス』で見逃し動画を配信中です!

auビデオパスはauが運営している動画配信サービスで、放送中の仮面ライダージオウを初回30日間無料で利用できるようになっています。

違法サイトなどを使わなくても、第48話(最新話)を安心して見ることができますよ。

最新話を今すぐ見る!

『仮面ライダージオウ』をauビデオパスで無料視聴

※無料期間中の解約で料金がかかりません

『auビデオパス』のおすすめポイント

  • 『仮面ライダージオウ』の最新話を見れるのはauビデオパス!
  • 過去の仮面ライダー作品や、その他のアニメやドラマなど約10,000作品以上を配信中!見放題作品も!
  • オフライン視聴可!映画の割引特典まで

仮面ライダージオウの動画をauビデオパスで無料視聴する流れ

仮面ライダージオウ第48話の動画を無料で視聴するまでの大きな流れは以下の通りです。

step
1
auビデオパスにお試し登録をする

auビデオパスのサイトに入ったら「今すぐ無料で試してみる」というボタンをクリックして、ガイダンス通りに進めて行けば簡単に登録が可能です。

step
2
放送後、1週間以内に最新話を視聴する

仮面ライダージオウの見逃し配信は最新話だけ!

放送期間中は、1話から全話配信している動画配信サービスもないので、第47話を見逃してしまった場合は、1週間以内に視聴するようにしましょう。

(次回放送の2019年8月25日の朝まで)

step
3
登録後、30日以内に解約すること

auビデオパスが無料なのは、登録から30日以内です。

それを過ぎると初回429円、2ヶ月目以降は月額606円(税込)の料金が発生してしまうので、無料で見逃がした最新話だけを見たいなら、30日以内の解約を忘れないでください。

以上が、仮面ライダージオウを無料で視聴するための流れになります。

最新話の見逃し配信は1週間なので、次回の放送までに第48話を視聴しておきましょう。

『仮面ライダージオウ』を最新話を今すぐ視聴する!

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

仮面ライダージオウ【第48話】のあらすじ・詳細

第48話『2068:オーマ・タイム』あらすじ

 スウォルツ(兼崎健太郎)は世界を滅ぼすため、全ライダーの世界を一つに融合。歴代のライダー達が戦ってきた敵が解き放たれた。ソウゴ(奥野壮)は人々を救うため、士(井上正大)の作戦に従う決意を固める。しかし、その作戦にはある落とし穴があった。それは…!?

 ゲイツ(押田岳)、ウォズ(渡邊圭祐)はライダーに変身。アナザーディケイドや怪人たちと戦い、時間を稼ぐと、ソウゴはタイムマジーンで2068年の世界へ行きオーマジオウと対峙する。

 オーマジオウからスウォルツがソウゴをオーマジオウにし、その力で時空を破壊させるという狙いを聞いたソウゴ。改めて2019年の世界へ戻り、戦いに合流する。そこではアナザーディケイドがツクヨミ(大幡しえり)を亡き者にしようとしていた。しかし、そこである異変が起きて!?

『出典:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

キャスト

奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐
板垣李光人、紺野彩夏、兼崎健太郎、生瀬勝久

仮面ライダージオウ【第48話】のネタバレ

以下、ネタバレになります!

見逃したけど内容を知っておきたいと言う方はご覧ください。

 

スウォルツの策略により、様々な怪人たちが襲いかかってくるのを見たディケイドはこう呟く「この世界を破滅する」

ただ、この状況ではどうしようもないため、一旦戻ることにしたディケイドは、ソウゴ、ツクヨミ、海東とその場を後にする。

すると、ウォズが現れ、こう話し出すのであった。

・歴代の仮面ライダーたちが戦ってきた敵が解き放たれた

・一気に世界を崩壊しようとしているスウォルツ

・世界の終焉まで、後2ページです

 

クジゴジ堂に戻ったソウゴたち。

士が仮面ライダーに関して、ソウゴたちに説明を始める。

・元々、仮面ライダーたちは、別々の時間軸の存在であった

・その時間が融合していった

・スウォルツは世界を滅ぼすため、全ライダーの力を一つに融合した

・お前(ソウゴ)がその片棒を担いで来たんだぞ

・スウォルツは、少年のお前(ソウゴ)に時空を操る能力を与えた

・ライダーの世界を引き寄せたのは、お前(ソウゴ)だ。

・お前たちがすべてのウォッチを集めた時、すべての世界が融合した

 

これを聞いたソウゴは、俺たちが戦ってきたのはスウォルツの手伝いをしてきたのかと落ちこむと、それだけ陰謀が根深かっただけだと励ますウォズ。

ゲイツが士にこれからどうするのかと聞くと士は

・いっただろ、この世界を破壊する

・この世界は終わりだ

・だが、世界を捨てても、人々だけは助けないとな

と言うと、ソウゴは了承し、スウォルツから言われた3つの道は嫌だから、4つ目の道を選びたいと言うと、士が世界の運命をかけることになると聞くと、ソウゴたちは了承するので、作戦を話し始める。

 

ソウゴが店の時計を見て決心を固めた後、そろそろ行くと言うと、士が俺の作戦には落とし穴があると話しかけると、ソウゴは俺だけ生き残れないんだろと答えた後、ベルトを受け取った後、生まれた時から覚悟はできていると話す。

ただ、その前に寄り道をしたいと言いながら、順一郎の買い物に行くと言うメモを手に取るでのあった。

 

街中で暴れている怪人たちに対して、人々を逃しながら戦うツクヨミ。

ウッズは「やれやれ、私の任務は君の護衛か」と呟くと、「なんか言った!」と答えるツクヨミ。

いやと答えて、変身するウォズ。

 

別の場所で、ゲイツが怪人たちから人々を逃していると、スウォルツが現れたので、二人はそれぞれ変身をし、戦い始める。

 

買い物に出かけていた順一郎が怪人たちに襲われようとしていると、ジオウが現れて、順一郎を助け、怪人たちを倒し、順一郎の元に駆け寄る。

・ジオウ(ソウゴ):バカ、おじさん!こんな時に買い物に出るなんて。

・順一郎:ソウゴくん、今の・・・ (ここでジオウが変身を解くので、驚く順一郎)

・ソウゴ:おじさん、ごめんなさい。おじさんにはずっと話していなかったんだけど。実は俺、仮面ライダーなんだ。すごい力を手に入れて、悪い奴らと戦って、みんなを守れるんだ。

・順一郎:本物の王様みたいだな。

・ソウゴ:だから、俺、行かなくちゃいけないんだ。おじさん一人を守っていられないんだ。

・順一郎:行きなさい!僕にも修理しなきゃいけない時計がある。それが時計屋の役目だからね。ソウゴくんは、ソウゴくんの役目を果たさなきゃ。

・ソウゴ:うん

・順一郎:いってらっしゃい

・ソウゴ:いってきます

こうして、ソウゴはタイムマジーンに乗り込み、最後のトラベルといい、2068年に向かうのであった。

 

ゲイツとアナザーディケイドたちが戦っていると、ディケイドも参戦してくる。

ゲイツはディケイドを見て、予定よりも早いと言うと、ディケイドはお前の芝居が下手だから見ていられないと答えた後、奴を引きつけろといいながら戦いに戻る。

 

ウォズが周りの怪人を倒した後、ツクヨミに襲いかかろうとロイミュードが現れたので、ウォズが助けに行こうとすると、魔進チェイサーが現れてロイミュードを倒すのである。

ただ、魔進チェイサーは人間を助けたことに動揺し、うずくまった後に変身を解く。

その姿を見たウォズは、君も仮面ライダーだと言うと、チェイスは魔進チェイサーに変身をし、俺は死神だ!と叫びながら、ウォズに襲いかかる。

2068年、『常盤ソウゴ初変身の像』の前に来たソウゴ

オーマジオウとゲイツやツクヨミのレジスタンスが戦っている現場に移動したソウゴは、オーマジオウの攻撃によって倒れたツクヨミに近づき、ウォッチをツクヨミのポケットに入れた後、俺が食い止めるといい、ジオウに変身してオーマジオウに挑む。

オーマジオウ:若き日の私よ。お前がこの時代に再び来るなど、私の記憶にはない

ジオウ:歴史が変わって当然だ。あんたにとっては過去でも、俺にとっては未来なんだから

オーマジオウ:面白い。だが、無意味だ。

ジオウ:やってみないとわからない

そして、ジオウがオーマジオウに戦いを挑んだあと、トリニティウォッチを取り出す。

 

ゲイツとディケイドが怪人たちを倒した後、アナザーディケイドがお前たちのできることは何もないと言うが、ゲイツはお前の世界を救ってやるが、救うのはツクヨミでお前ではないと答えると、アナザーディケイドはゲイツとディケイドに襲いかかる。

アナザーディケイドが必殺技のキックでゲイツを倒そうとしたが、突如ゲイツは消えてしまう。

魔進チェイサーと対峙していたウォズも消えてしまう。

二人はトリニティに変身をしたため、2068年の世界に呼ばれてのであった。

オーマジオウを足止めするために、トリニティに変身をしたのであった。

 

残ったディケイドは、アナザーディケイドにディケイド同士の決着をつけようといいながら、戦いに臨むが、アナザーディケイドに時間を止められてしまう。

すると、アナザーディケイドも時間を止められてしまう。

後ろから、ディエンドが現れ、アナザーディケイドの時間を止めたのであった。

こうして、ディケイド&ディエンド VS アナザーディケイドの戦いが始まるのであった。

 

オーマジオウと対峙しているトリニティは、必殺剣でオーマジオウを吹っ飛ばすと、オーマジオウは跪きながら

・オーマジオウ:私が若き頃には、そこまでの力はなかった

・トリニティ:俺の力じゃない。仲間の力だ。あんたは未来の俺かもしれないけど、一つだけ違うことがある。俺には仲間がいる。

・オーマジオウ:なるほど。お前はその仲間のために、自分を犠牲にしようというわけか。

ここで、このことを知らなかったゲイツとウォズが動揺するので、トリニティの変身を解き、一人のこるソウゴ。

 

戻ったウォズは、ツクヨミがいないことに気がつく。

そして、ウォズが戻ると、ディケイド、ディエンドがアナザーディケイドと戦っているが、ツクヨミは俺が消してやるといい、カーテンでどこかに消える。

 

残ったソウゴに対して、オーマジオウが話しかける。

・オーマジオウ:仲間には聞かせたくなかったか。

・ソウゴ:それに戦うのは無意味だ。だって、あんたに俺を倒すつもりはない。

・オーマジオウ:お前は私だからな。

・ソウゴ:教えてよ。オーマジオウの力って何?

・オーマジオウ:時空を破壊する力だ。スウォルツごときに世界を破壊する力はない。お前に時空を破壊させるつもりだ。

・ソウゴ:でも、俺はあんたにはならない。

・オーマジオウ:どうかな。お前は私だ。楽しみにしているぞ。お前がどの時空をどのように破壊するのか。

こういった後、オーマジオウはソウゴを元の世界に戻した後、助けてやるかと呟く。

 

助けられたゲイツとツクヨミがジオウに助けられたことを話をしていると、ゲイツが俺たちも過去に飛べばといった後、何やら異変が起きると、ツクヨミのポケットが熱くなる。

中を見ると、そこにはウォッチが入っているのあった。

 

魔進チェイサーに追われているツクヨミは逃げながら、「やめなさい、あなたには人間の心があるのよ」と言うと、「心などあるか俺はロイミュードだ」といいながら襲いかかろうとするが、体の動きが止まる。

すると、背後からアナザーディケイドが現れ、魔進チェイサーを止めた後、ツクヨミに襲いかかろうとするのを魔進チェイサーがそれでも人間かといいながら止めて、戦いを挑むが、逆に攻撃を受けてしまう。

変身を解かれ、倒れようとした時に、ゲイツが現れ、抱きかかえて、お前には友がいる、俺たちも友だと言うと、いいものだな人間とはといいながら、姿が消えていき、『000』も消えていく。

 

アナザーディケイドが「茶番は終わりだ、お前も死ね」と言うと、ソウゴが現れてツクヨミに叫びかける。

「ツクヨミ、ウォッチだ!君はもう持っている!」

ツクヨミはこれを聞いて、ポケットからウォッチを取り出すと、2068と書かれたものに変わる。

そして、ウォズも現れて、ベルトをツクヨミに投げると、受け取ったツクヨミはベルトを装着し、ウォッチを回して装着した後、変身をするのであった。

『仮面ライダー〜 ツ・ク・ヨ・ミ!!』

 

>>『仮面ライダージオウ』第49話に続く

▶視聴者が考えた見どころ、楽しみにしてることを見る

視聴者が考える見どころ、楽しみにしてること

オーマジオウとの対峙!

30代女性:tom

ソウゴのグランドジオウウォッチが消滅してしまったところから、話が続きますが、さらにパワーアップする展開となるのか楽しみにしています。スウォルツ率いる歴代の敵たちも今の世界に放たれているとのことで、ゲイツやウォズとどう戦うのかも気になります。
ソウゴはついに2068年のオーマジオウと対峙するとのことですが、どんな選択肢を選ぶのかが見どころだと思います。ついにソウゴがオーマジオウの力を手に入れるのか、楽しみにしています。

女性感想

オーマジオウが再び…!

20代女性:あいそう

最終回目前なので今までの伏線や謎、そうご君が王様になれるのかどうかなととても気になるところではありますが、
次回はオーマジオウとの戦闘シーンがありました。
勝敗によって、どう物語が変わるのかとても楽しみです。
そして復活?した魔進チェイサーがどのような流れ、きっかけがあり消えることになるのか
仮面ライダードライブファンとしては来週の放送が気になっています
ただ急な設定の変更などは…やめて欲しいかなと思います

感想

オーマジオウとの決着!?

30代男性:Shinya0544

次回はスウォルツの野望を阻止するためソウゴ達は士が提案したある作戦に協力することになるようですが、その作戦にはある落とし穴があり・・・(この世界を破壊すると言い出したしどんでん返しをやりそうな予感がしてなりません笑)、一方でソウゴは未来でオーマジオウと対峙、オーマジオウと最後の戦いを繰り広げるようですが、ここでオーマジオウの真実が明かされそうで、最大の見どころになりそうですね。
他にも敵として復活させられたチェイスの行く末も目が離せません。

絶望の現代。いかにこの状況を打開していくのか。

40代男性:taka

47話を見ていると、スウォルツの小物っぷりが印象的でした。世界を融合させ、破滅に導くという大それたことを計画していますが、その実はツクヨミより自分に力がないことにビクついています。でも、計画はとんでもなく大きなものですし、現ライダーたちだけで、現状を打開できるとは思えない状況となっています。次回予告を見る限り、再度ソウゴが未来のオウマジオウと対峙していますので、何かしら策があるのでしょう。「彼女が世界を救う」というキーワードも出ていますので、ツクヨミがどのように力を使ってくるのか、それに対しスウォルツがどう動くのか。壊れたライダーウォッチはどうなってしまうのか。ここにきて、様々なことが起き始め、来週も見逃せません。

ソウゴのおじさんの活躍はある?

30代女性:はっぴーぱんだ

時空のゆがみにより世界観がもはやメチャクチャすぎることになってきました。スウォルツが世界を破壊するのかと思えば、門矢士がは破壊しようとしていてソウゴは誰を止めて世界を救おうとするのだろうかと思います。また、ソウゴのおじさんがここへきて気になるくらい出てきています。ソウゴはおじさんに自分が仮面ライダーであることを打ち明けているけれど、ひょっとしておじさんも仮面ライダーに関係している何かなのかもしれない?仮面ライダーによって助けてもらった人?むしろ、昔仮面ライダーだった人?とおじさんのことについてがとても気になっています。

仮面ライダージオウ【第48話】の感想

ツクヨミが仮面ライダーに!

30代男性:jei

今回は、なんといっても、『仮面ライダーツクヨミ』でしょう!2068年に行ったソウゴがウォッチをこっそりツクヨミのポケットに入れたところから、なんとなく変身するのではと思っていました。この変身する作戦は、ツクヨミは知らなかったんですかね、なんか驚いていましたが。

ウォズがベルトをツクヨミに渡していましたが、前もソウゴかゲイツに渡していましたよね。何本も持っているなら、自分でも使えばいいのに、自分が変身に使用しているのが白ウォズが持ってきた違う世界のベルトというのもおかしな話ですね。さて、変身した仮面ライダーツクヨミはどのように戦うのか見ものです。

女性感想

ツクヨミちゃんに持って行かれた・・・

30代女性:tomori

クライマックスまであと2話といったところで、緊張感が伝わる回でした。
私はウォズが好きなのですが、今回はウォズの出番が少なく悲しかったです(笑)
ソウゴくんの決意を固めたシーン、おじさんとのお別れシーンは少し泣きそうになりました。
しかし話の最後になんとツクヨミちゃんが変身!女性ライダー自体が少ないし、最終回直前での変身にただただビックリ。
正直それまでの話の展開を忘れてしまうくらいでした。仮面ライダーツクヨミのフォームは割と好きです。

感想

とうとうツクヨミがライダーに

40代男性:taka

スウォルツの妹、特殊能力の発動といった出来事から、ジオウのストーリーのキーパーソンはツクヨミと思っていましたが、まさかライダーにまでなるとは思いませんでした。未来へ飛んだソウゴからいつの間にか手渡されたライダーウォッチ。歴史がいきなり変わったと言え、ツクヨミさん、今まで何も気づかなかったのかい(笑
久々の女性ライダー(それも主軸)ですので、あと1話しかありませんが、どのように活躍するのか楽しみにしています。

仮面ライダーツクヨミ!

30代男性:ねこ

初回からきっと変身すると予想していましたが、外れたと思っていました。
まさかの最終回前での変身。仮面ライダーツクヨミ!!待ってました!ちょっとセー〇ームー〇ちっくな変身シーンも良かったです。
三手に別れての作戦決行でしたが、見事に成功しました。しかしソウゴだけは生き残れないとのこと。どういう意味なのか気になります。
そしてドライブ好きとしては忘れてはいけない、チェイサーの登場!ライダーの存在しない世界から来たものの、やはり我らがチェイスは心を宿していました。懐かしいシーンも満載で、とても良かったです。

▶仮面ライダージオウ第48話の感想をもっと見る

ソウゴとおじさんの絆

30代女性:はっぴーぱんだ

おじさんとソウゴの絆に感動しました。ソウゴは自分がいなくなるかもと分かっていて、最後にちゃんとおじさんに会いに行き自分の秘密を打ち明けたのではないかと思います。おじさんが持っていた修理しなければならない時計はきっとライドウォッチだと思います。壊れたライドウォッチを見て、これを修理するのはソウゴの為だとおじさん自身が分かってやろうとしていることなのではないかと思います。長年一緒にいたからこその絆がそこにはあると感じられました。

衝撃の仮面ライダーツクヨミ

30代男性:Shinya0544

士が立てた作戦というのはツクヨミを仮面ライダーにするというこれまた視聴者の意表を突く展開になりました。
オーマジオウが「お前は仲間のために自分を犠牲にしようというのか!?」という言葉も不吉で、ソウゴがオーマジオウの道を選ばなければ命を落とすことになるのでしょうか・・・!?
チェイスは予想はしてたが、やはり悲しい結末になってしまいましたね(仮面ライダーチェイサーの姿にしなかったのはあえて本編の散り際を意識したからでしょうか?)

女性感想

ソウゴ達の運命やいかに!?

30代女性:tom

スウォルツとの戦いに備え、ソウゴはディケイド達と策を練ることになりました。その作戦では、ソウゴ自身が犠牲になるというものでしたが、ゲイツやウォズには話さなかったところはソウゴらしさを感じました。
オーマジオウの元へ行ったソウゴでしたが、ジオウトリニティの力を見せつけることとなります。仲間たちの力の強さを見せられ、オーマジオウもソウゴに好戦的になった気がしました。
現代に戻ったソウゴですが、ツクヨミがスウォルツを止めると戦うように後押しします。記念すべき仮面ライダーツクヨミが誕生しましたが、スウォルツを食い止めることができるのか続きが楽しみです。

ソウゴの成長と決意

30代女性:谷山はるか

士が破壊すると言っていたが、ちゃんと人々は守ると言った辺りは、ちゃんと仮面ライダーをやっているのだとあらためて思いました。ソウゴがオジサンに仮面ライダーであることを明かしたが、オジサンはそれを簡単に受け入れたところはオジサンが最後までいい人で終わって、生瀬さんの演技が感動的でした。
作戦開始しゲイツとディケイドとアナザーディケイドが戦い、ゲイツが未来に飛ばされている最中は、助っ人でディエンドが登場したときは、完全にジオウがディケイドに乗っ取られているのではないかと錯覚しました。

-動画情報
-

Copyright© HEROmedia|仮面ライダー×特撮ヒーローのネタバレ&動画情報 , 2019 All Rights Reserved.