動画情報

仮面ライダージオウ【第49話最終回】見逃し動画を無料視聴する方法!

投稿日:

仮面ライダージオウ 動画

2019年8月25日放送の仮面ライダージオウ第49話『2019:アポカリプス』を見逃してしまった…。という方に、無料で動画を視聴できる方法を紹介します。

リアルタイムで見れなかった人も安心してね!

仮面ライダージオウは現在、『auビデオパス』で見逃し動画を配信中です!

auビデオパスはauが運営している動画配信サービスで、放送中の仮面ライダージオウを初回30日間無料で利用できるようになっています。

違法サイトなどを使わなくても、第49話(最終回)を安心して見ることができますよ。

最新話を今すぐ見る!

『仮面ライダージオウ』をauビデオパスで無料視聴

※無料期間中の解約で料金がかかりません

『auビデオパス』のおすすめポイント

  • 『仮面ライダージオウ』の最新話を見れるのはauビデオパス!
  • 過去の仮面ライダー作品や、その他のアニメやドラマなど約10,000作品以上を配信中!見放題作品も!
  • オフライン視聴可!映画の割引特典まで

仮面ライダージオウの動画をauビデオパスで無料視聴する流れ

仮面ライダージオウ第49話の動画を無料で視聴するまでの大きな流れは以下の通りです。

step
1
auビデオパスにお試し登録をする

auビデオパスのサイトに入ったら「今すぐ無料で試してみる」というボタンをクリックして、ガイダンス通りに進めて行けば簡単に登録が可能です。

step
2
放送後、1週間以内に最新話を視聴する

仮面ライダージオウの見逃し配信は最新話だけ!

放送期間中は、1話から全話配信している動画配信サービスもないので、第49話を見逃してしまった場合は、1週間以内に視聴するようにしましょう。

(放送終了後、2019年9月2日の朝まで)

step
3
登録後、30日以内に解約すること

auビデオパスが無料なのは、登録から30日以内です。

それを過ぎると初回429円、2ヶ月目以降は月額606円(税込)の料金が発生してしまうので、無料で見逃がした最新話だけを見たいなら、30日以内の解約を忘れないでください。

以上が、仮面ライダージオウを無料で視聴するための流れになります。

最新話の見逃し配信は1週間なので、次回の放送までに第49話(最終回)を視聴しておきましょう。

『仮面ライダージオウ』を最新話を今すぐ視聴する!

不正アップロード動画に要注意!!

インターネット上には、海外の動画サイトに違法にアップロードされたドラマや映画、アニメなどを視聴することもありますが、絶対にやめた方がいいです。

それらの違法にアップロードされた動画はウイルス感染の恐れもあります。

また、著作権違反で削除されたり、低画質で満足に視聴することができないこともあるので、安全に視聴したいならテレビ、または権利元から配信許可を得ている安全なサイトを利用するようにしましょう。

仮面ライダージオウ【第49話】のあらすじ・詳細

第49話『2019:アポカリプス』あらすじ

ソウゴ(奥野壮)がもたらしたウォッチによって仮面ライダーツクヨミに変身したツクヨミ(大幡しえり)。しかし、ツクヨミは兄・スウォルツ(兼崎健太郎)を王にしようと、ソウゴらを裏切ってしまう。

ツクヨミの裏切りにより、士(井上正大)のスウォルツとツクヨミの世界に人々を避難させる計画は白紙に。2019年の世界には次々と過去のライダーが戦った敵が現れ、破滅への道を突き進む。

今は破滅を少しでも食い止めるしかない。戦う道を選んだソウゴの前に、順一郎(生瀬勝久)が壊れたはずのライダーウォッチを差し出した。時計職人の順一郎はソウゴを思い、密かに修理していたのだった。

順一郎に力をもらったソウゴは、決意も新たにゲイツ(押田岳)、ウォズ(渡邊圭祐)らと共に最後の戦いに挑む!

『出典:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

キャスト

奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐
板垣李光人、紺野彩夏、兼崎健太郎、生瀬勝久

仮面ライダージオウ【第49話】のネタバレ

以下、ネタバレになります!

見逃したけど内容を知っておきたいと言う方はご覧ください。

 

ソウゴが2068年に行ったことにより、ライドウォッチを手に入れたツクヨミ。ウォズからジクウドライバーを受け取り『仮面ライダーツクヨミ』に変身する。

『仮面ライダーツクヨミ』に変身したツクヨミは、アナザーディケイド以外の時を止めてしまい、アナザーディケイドの前に跪き、変身を解いた後

「兄さん、仮面ライダーの力を手にいれました。」
「この力、必ず、兄さんのお役に立つはず。」

というのである。

これを聞いたアナザーディケイドは変身を解いた後、スウォルツが「俺に協力するのか」とツクヨミに確認するが…。

「私も王家の一員。」
「我が世界を守るためには、なんでもする。」

とツクヨミが答えるので、スウォルツは高笑いをする。

そして、ウォズがこう話し出す。

「常盤ソウゴの尽力によって、仮面ライダーとなったツクヨミ。」
「だが、彼女は思わぬ行動に出るのであった。」
「世界の終わりまで、これが最後の1ページです。」

その夜、ビルの屋上にいるスウォルツとツクヨミ

スウォルツがツクヨミに計画のことを聞くと、ツクヨミが門矢士の作戦を話し始める。

「私たちの世界が消えようとしているのは、ライダーがいないから。」

クジゴジ堂では、士がソウゴたちに作戦について話をしている。

「ツクヨミがライダーなれば、世界は復活する。」

これを聞いたゲイツやウォズは
ゲイツ「ツクヨミの世界を作り、そちらに避難させる、それがお前の作戦だ。」
ウォズ「思惑通り、ツクヨミくんはライダーになった。作戦成功じゃないのか。」

と士に聞くと、

「何十億の人がいる、その人たちをどうやって避難させる?」
「ここは、いわばジオウの世界。」
「こっちにジオウ、向こうにツクヨミがいて、二人が共鳴すれば、橋が架けられる。」

と答える。

ツクヨミはスウォルツに、作戦を引き続き話す。
「二つの世界にそれぞれにライダーがいる」

ウォズは、「ツクヨミの裏切りでこの作戦は絵に描いた餅になった。」と呟き、ゲイツは「ツクヨミ、なぜ」と呟くのである。

作戦を聞いたスウォルツは、ツクヨミに自分を王として認めるのかと聞くと、ツクヨミは「あなたが継ぐのが世界の道理」と言った後、跪くのであった。

ソウゴは「食い止めないと」と言いながら席を立つと、士が「世界の崩壊は加速する」というので、ソウゴたちは決意を持って士を見る。

翌日、ゲイツはタイムマジーンに乗り大型の怪人たちと戦闘を行い、ディケイドとウォズは地上で怪人と戦闘している。

ディケイドとウォズが周りの怪人たちを倒したものの、増援が現れ、彼らに襲いかかろうとした時に、怪人の後ろからディエンドが現れ、怪人たちに攻撃をした後

「嬉しいね〜、士。」
「世界の終わりを一緒に楽しめるなんて、最高のお宝じゃないか。」

というので、ディケイドは無駄口叩く暇があったら戦えと返す。

クジゴジ堂では、ソウゴが順一郎と朝食を取っている。

順一郎がソウゴに「みんな戦っているの?」と聞くと、「うん、ご馳走さま」といい、席を立とうとするソウゴ。

そのソウゴに向かって、順一郎は
「最後の晩餐のつもりで食べてくれたわけじゃないよね。」
「第一、まだ朝ごはんだよ。」
と聞くが、ソウゴはうんといい、店を出ようとする。

そのソウゴを呼び止めた順一郎は、修理した20個のライドウォッチをソウゴに見せながら

「君たちの大事な時計なんでしょ?」
「おじさん時計屋だから。」
「直せない時計ないからさ。」

というので、ソウゴは嬉しそうに受け取る。

続けて、順一郎は

「みんなに聞いておいて。」
「晩御飯のリクエスト。

というので、ソウゴはわかった、行ってくるというのである。

ウォズ、ディケイド、ディエンドが戦っていると、時が止まってしまう。

後ろからツクヨミが時を止めたのである。

アナザーディケイドが現れて、3人に攻撃をした後に、トドメを刺そうとすると、何者かがアナザーディケイドに攻撃を仕掛ける。

過去のライダーたちがアナザーディケイドを攻撃したのである。

アナザーディケイドがなぜだ、ライダーの世界は消えたはずというと、現れたソウゴは

「消えないよ。」 (グランドジオウウォッチを出しながら)
「どんなに歴史が壊されても。」
「仮面ライダーは壊れない!!。」

と言った後、グランドジオウに変身をし、アナザーディケイドと戦い始める。

歴代のライダーを召喚し、アナザーディケイドと戦うグランドジオウであるが、アナザーディケイドも歴代の敵を召喚したところ、形勢が逆転し、歴代のライダーは消え、グランドジオウも攻撃を受けて、変身を解かれて、倒されてしまう。

アナザーディケイドがソウゴにトドメを刺そうと攻撃すると、ゲイツが現れて、ソウゴを守り、吹き飛ばされてしまう。

ゲイツに駆け寄るソウゴに向かい、

「ジオウ。」
「オーマジオウになれ。」
「時の王者に。」
「お前ならなれる。」
「最高最善の王に。」

と話すとソウゴが「ゲイツ、死ぬなー」というと、ゲイツは

「幸せだったぞ、この世界に来て。」
「ソウゴ。」
「お前の仲間に。」
「友になれて。」

と言った後、事切れてしまう。

ゲイツを看取ったソウゴのベルトが突然、オーマジオウのベルトに変わる。

オーマジオウに変身したソウゴ

そして、ソウゴがオーマジオウに変身をするのであった。

『祝福の時』
『最高最善最大最強の王』

『オーマジオウ』

オーマジオウを見たウォズが「我が魔王?」というと、オーマジオウが「ウォズ、祝え。」というと、ウォズは「は?」と答えるので、オーマジオウが「祝えと言っている」というので、ウォズが祝い始める。

「祝え!」
「時空を超え、過去と未来をしらしめる究極の時の王者、オーマジオウ!」
「歴史の最終章に辿り着いた瞬間である!」

すると、アナザーディケイドが高笑いをした後、

「俺はこの時を待っていた!」
「俺はこのために、常盤ソウゴを追い詰めてきた。」
「今こそ、オーマジオウの力をもらうぞ。」

と言った後、オーマジオウから力を奪っていく。

「素晴らしい力だ。」
「この力があれば、妹を凌駕できる。」
「真の王位を継承うすることができる。」

しかし、失敗してしまうので、オーマジオウはこう答える。

「お前ごときが、俺の力を受け止めきれると思うか。」
「俺の力は、すべてのライダーの力だ!」

オーマジオウがあらかた敵を倒した後、アナザーディケイドがカーテンで自分の世界に帰ろうとした時、ツクヨミが背後から突き刺し、「あなたのような王はいらない!」というが、逆に攻撃をされて吹き飛ばされてしまう。

これを見たオーマジオウは怒りに震え、アナザーディケイドに必殺キックを炸裂する。

この時、時が止まり、ツクヨミはスウォルツにこの世界は私のものだと言った後、オーマジオウに「この世界をあなたに託す」といい、消えていくと、二つの世界が融合する。

その結果、怪人たちはいなくなった。

片付いた後、ウォズがオーマジオウのもとにやってきて

「さすがだ、我が魔王。」
「世界は救われた。」

と言った後、跪き

「改めて、忠誠を誓おう。」
「君はこの世界に君臨する。」
「未来永劫に渡って。」

と宣言するが、「そうはならないよ。」と答えるオーマジオウ。

ウォズが「なぜだい?最強王者になったので。」と聞くと、「この時空を俺が破壊するから。」というのである。

すると、未来のオーマジオウが

「それがお前の選択か?」
「王として、君臨する資格はあるのだぞ。」
「お前が世界を救った。」

と尋ねると、ソウゴは

「違うよ。」
「世界を救ったのは、ゲイツやツクヨミやライダーたちみんなの力だ。」
「皆がいない世界で、俺一人だけ王様になってもしょうがない。」

と答える。

これに対して、オーマジオウは

オーマジオウ「覇道より王道を取るか?」

ソウゴ「オーマジオウって破壊するだけ?」

オーマジオウ「創造の前に、破壊が必要だからな。」

ソウゴ「だよね。なら、創造させてもらう。歴史を作り直す。」

オーマジオウ「二度と王にはなれんぞ。」

ソウゴ「なれるよ。なんかいける気がする。時計の針は未来にしか進まない。ぐるっと一周して、元に戻ったように見えても、未来に進んでいるんだ。」

オーマジオウ「はっははは。面白かったぞ、お前に会えて。若き日の私よ。」

そして、オーマジオウ(ソウゴ)が時空を創造しはじめる。

時空を作り始めているのを見ている、士と海東は

海東「時空が作り変えられている。」

士「新しい旅が始められそうだ。」

これにより、1個に融合した世界が、再び20個の世界に分裂するのであった。

2018年9月

クジゴジ堂で順一郎に起こされ、朝食を取るソウゴ。

通学途中の坂道で、自転車を押しながら歩いていると、ランニングしている柔道部員の一人に「王様になるんだって?」と聞かれると、ソウゴは「当然だろ。」と答える。

すると、最後尾をランニングしていたゲイツに、「目を覚ましてやる。」と言った後、巴投げを投げられるソウゴ「一本!」

後ろから来たツクヨミはゲイツに「乱暴すぎる」というが、ゲイツは「お前のためだ。と答えるが、ソウゴが「毎日だと辛い。」というので、ツクヨミはゲイツを投げ飛ばす。

この光景を見ていた、ウールとオーラがソウゴたちのたちのことを話しているが、オーラが遅刻しそうなことに気がつき、ソウゴたちと一緒に登校するのであった。

最後に、ウォズが現れ

「普通の高校生、常盤ソウゴ。」
「彼には大魔王にして、時の王者、オーマジオウとなる未来が待っている。」
「かどうかは、まだわからない。」
「ここから先は、この本とは違う歴史が記される必要があるようです。」

といい、本を閉じるのであった。

▶視聴者が考えた見どころ、楽しみにしてることを見る

視聴者が考える見どころ、楽しみにしてること

どんな結末に!?

30代男性:ねこ

いよいよ最終回。スウォルツとの闘い、オーマジオウは一体どうなるのか。
しかし何と言っても仮面ライダーツクヨミの活躍に期待です。一体どのような闘い方をするのでしょうか。楽しみです。
そしてジオウはついにオーマジオウへ。ソウゴは最高最善の魔王になれるのでしょうか。どのような結末になるのか、最後の平成ライダーの活躍を、しっかり見届けたいと思います。
個人的には、オーラとウールに生きていてほしい。最終回には出てくるのか、ドキドキです。

感想

いよいよの最終回。ソウゴはオウマジオウになるのか。

40代男性:taka

次回予告でもチラっと出ていましたが、オウマジオウに誰かがなるようですね。おそらくというか、当然ソウゴと思いますが、それではストーリー的にありきたりな感じがしますので、最後に大どんでん返しがあると面白いです。
それに、ライダーに変身できるようになったツクヨミ、瀕死になっているゲイツ。なかなかに見どころが多いと思います。加えて、そこに司や海藤がどのように絡んでいくのか。次回予告で登場していない主要人物が沢山いますので、どう終結させていくのか、今からワクワクしています。

ツクヨミの裏切り!?

30代女性:tom

仮面ライダーツクヨミに変身したツクヨミですが、どうやら変身してからソウゴ達を裏切って、スウォルツを王にしようと画策するようです。仮面ライダーに変身したツクヨミの戦いや、裏切りの理由について何故なのか明かされるのを楽しみにしています。
またソウゴがオーマジオウに変身するのかどうかも、見どころの一つだと思います。オーマジオウには時空を破壊する力があるので、ソウゴがどの世界を破壊することになるのかも気になります。

感想

ツクヨミライダーの実力と結局はオーマジオウ?!

40代男性:とりみやま

最後の繋がりで気になるのは、やはりツクヨミが変身した仮面ライダーの実力でしょうか。どれだけスウォルツのアナザーディケイドに通用するのか。そして、必殺技は有るのかなど気になるところです。そして、予告を見る限りゲイツが倒れてしまいソウゴはオーマジオウになってしまいそうな感じがします。ソウゴはオーマジオウになり、自ら犠牲になることで自分の世界へ戻れなくなるのか?実は今回おじさんが修理していたものが、復活や勝利の鍵になるのか楽しめます。

女性感想

最終回は伏線回収できるのか!?

30代女性:tomori

残る敵がまず2人いることが気になります。最終回の予告シーンで結局オウマジオウになってるソウゴくんが見えました。
仮面ライダーツクヨミに、自分を倒させるつもりなのかなと思ったりもしましたが、まずアナザーディケイドを倒さなければなりません。
アナザーディケイド、オウマジオウ、この二強を30分以内で倒してエンディングまで持っていけるのかだけが不安です。
ディケイドのように続きは劇場版で!とはならないでしょうが、なんとかみんな幸せなエンディングを待っています。

仮面ライダージオウ【第49話】の感想

オーマジオウが!

30代男性:jei

今回は、なんといっても、『オーマジオウ』でしょう!
ただ、グランドジオウが倒され、ゲイツが殺されたことがきっかけになったのは、なんかショックな展開でした。

でも、ゲイツがオーマジオウになれと言ったことがきっかけになったのは、よかったんですかね。最後に、門矢士がまた旅をするとか言っていたので、下手したらゼロワンにも出るのかと思ってしまいました。

昭和から平成、そして令和へ

40代男性:たこは・ちろう

最後の最後でツクヨミが変身しましたね。デザイン微妙でしたが。変身直後のいきなりの裏切りには驚きましたが。そして主人公もついにオーアジオウに変身。グランドジオウよりはこっちの方がかっこよかったですね。今作はキャラ的にも設定的にも少しラスボスが弱かったかなと。最後は新たな時空を作り出していましたが、そこから次のゼロワンにつながっていくんですね。今作は物足りなさがいくつか感じられましたが、ハッピーエンド終わってよかったなと思います。衛生最後と考えると、昭和から全ライダー作品を見てきた私には感慨深いものがあります。

感想

オーマジオウ最強!!

30代女性:tommy9

ついに仮面ライダージオウが最終回になってしまいました。最終回目前でツクヨミが仮面ライダーツクヨミに変身したことに驚きましたが、さらに驚いたのは、まさかの裏切りでした。変身するなり「お兄様のお役に立ちたい。」と、スウォルツ側についてしまったのです。でも、きっと何か策があってのことだろうと信じていたら、やっぱりツクヨミがスウォルツの隙を狙って攻撃しました。出番の少ない仮面ライダーツクヨミでしたが、命をかけてよくやったと思います。
ゲイツ、ツクヨミもスウォルツにやられてしまった怒りで、ついにジオウはオーマジオウへとなりました。本当に最強のライダーです。襲い掛かってくる敵をいとも簡単にやっつけ、スウォルツもついに倒れました。
オーマジオウになった時の、ソウゴの声も低い声で、強さを感じました。ジオウが始まった当初の頃から思い返すと、本当に一回りも二回りも成長し、強くなったんだなぁとしみじみ思います。
そして、新しい世界が創られ、ゲイツ、ツクヨミ、オーラ達まで普通の高校生として活き活きと過ごしている世界を見れて嬉しく感じました。
平成最後の仮面ライダー、本当に最高でした。感動をありがとうと言いたいです。

最高の最終回

30代女性:はっぴーぱんだ

ツクヨミの変身や裏切りから始まって、短い時間で本当に終わらせることができるのかと思うくらい驚きの展開の連続でした。ジオウの最終回というだけでなく、平成仮面ライダーの最終回でもあるからか映画みたいな疾走感のある時間になりました。ゲイツやツクヨミの犠牲によりオーマジオウになって世界は救われたけれどソウゴにとって仲間がいない世界は意味のない世界だったのだと思います。だからこそ、今の記憶がなくなっても新しく歴史を作りたかったのだと思います。新しい歴史ではソウゴが望んだ友達のいる歴史を歩むことができていて、その友達がゲイツとツクヨミ、オーラとウールというところに感動しました。最高の最終回になったと思います。

▶仮面ライダージオウ第48話の感想をもっと見る

平成ライダーの終焉

30代女性:谷山はるか

新旧仮面ライダーとその敵が戦っているシーンがとても迫力がありもっと見たかったです。未来で世界はオーマジオウのせいで滅ぶ予定だったが、ソウゴが一人で戦い強大な力を持ったら未来のような姿になった可能性があります。しかし、ゲイツたちと出会い戦い見方が変わったので、覇王ではなく王道になれたのだと思います。そして、最後まで順一郎おじさんがとてもいい人で、時計屋としての役割もちゃんとまっとうしておりオジサンのソウゴにかけた言葉は最後まで感動的でした。

夢オチならぬ歴史改変オチ?

30代男性:hatanom

グランドジオウのままでなく、オーマジオウに変身して決戦に決着を付けた事には驚きました。それでも最低最悪の魔王ではなく、歴史と世界を元に戻す選択がされたので安心はしました。ただこれまでの物語がなかった事になったのには首をかしげました。ゲイツとツクヨミが消えなければ、そこまで時間を戻さなくてもよかったのではと思います。
また司=ディケイドは出すべきではなかったですね。うまくソウゴたちを導いているのではなく、彼らをかき乱す役回りしかしていなかったので。

女性感想

まさかの学園エンド!ソウゴの夢は続く?

30代女性:魚頭

ゲイツがソウゴをかばって死亡、そしてソウゴの覚醒、オーマジオウとしての君臨までスムーズでしたね。ゲイツ死亡はとっても悲しかったです。相反するふたりが仲良くなりながら、ラストには別れてしまうというのは寂しいです。オーマジオウとしてのソウゴは怒りで自分を忘れているように見えて、実は冷静なソウゴでした。自分が最悪になる道は放棄し、もう一度世界を破壊してやり直すという終わり方で、テレビ版はよかったと思います。ウォズだけ取り残されてしまうのが気の毒ですが、彼ならまたソウゴのそばに現れそうですしね。ラストの全員の高校生姿はとても微笑ましかったです。

感想

覇道ではなく王道でハッピーエンド

30代男性:らいおん

前回はツクヨミの変身でビックリでしたが土壇場で裏切って二度ビックリしました。しかしそれはスウォルツを刺すためでした。しかしそれでも倒すに足らず殺され、ゲイツもジオウをかばって殺されてしまいました。結局オーマジオウになったソウゴは圧倒的な力でスウォルツを倒し、自らその力を手放すと共に世界の新生を行いジオウが生まれない世界を作りました。死んだ人間も全て甦った平和な世界でハッピーエンドを向かえたのは良かったと思います。唯一ジオウの記憶を残したウォズには、ぜひ今後の仮面ライダーシリーズにも出てほしいです。

-動画情報
-

Copyright© HEROmedia|仮面ライダー×特撮ヒーローのネタバレ&動画情報 , 2019 All Rights Reserved.